こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


(株)蒼竜社 (ソウリユウシヤ)

企業情報
企業名:蒼竜社
そうりゆうしや
ソウリユウシヤ
コード:915483 88386
URL: http://www.tg-net.co.jp/
      明日も愛してる

      安芸まくら2008/08

      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 読みながら目頭が何度熱くなったことか。
        人はこんなふうに人を愛することができるのか。その愛の深さにただ涙するばかりだった。

        >> 続きを読む

        2017/08/28 by Kira

    • 1人が本棚登録しています
      文殊丸 天桃山綺譚

      須和雪里2010/02

      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 一応BL小説ってなってるけど・・・
        私の感覚では仏教の有難いお話(笑)。合掌(^人^)


        平安時代の普通に妖や山の神がいる話で
        仏教にちなんだ話が多いかな?
        BLじゃなく御仏の有難い話なので(笑)
        普通のBLを期待してる人には向きません!!(¬w¬*)ウププ
        >> 続きを読む

        2012/07/30 by あんコ

    • 1人が本棚登録しています
      HOME

      木原音瀬2010/12

      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 【歪な愛の形】
         痛い。重い。愛というより、執着。
         攻の篤も、受の直己も、自己肯定感というものがまるでなく、常に相手の意志を自らの行動に反映しようとする。それでいて自己中心的で、執着心が強い。
         この自己肯定感の薄さが生育環境から生まれたものであることは若干読み取れるのだが、その辺りのエピソードが少ないので感情移入しにくい。結局、「こういう愛の形もあるのかな」と客観的な醒めた感想しか抱けなかったのは残念だ。
         ただ、それを深く掘り下げて書かれたのが恐らくCOLDシリーズで、ここからあの名作が生まれたのだろうと思うと、また違った面白さがある。

         藤田先生のイラストは、木原先生の作品にとてもマッチしていると毎回思う。見たいシーンを見たい角度で切り取ってくれている。
        >> 続きを読む

        2015/04/05 by かやっこ

      • コメント 2件
    • 2人が本棚登録しています
      日月星、それからふたり

      さとみちる2011/12

      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 社会人になって仕事で再会したのは手ひどく振った相手
        ずっとに謝りたいと思ってたが
        ざ会ってしまうとグルグル考え込んじゃって謝れない先輩

        振られた後輩は初恋の失敗でトラウマが……
        そんな2人がやっとスタートラインに立つまでの話。

        初恋の失敗ってやっぱり引きずるものなのかな?「(´へ`
        図太い私にはそこら辺が…(笑)
        >> 続きを読む

        2012/04/19 by あんコ

    • 1人が本棚登録しています
      リバーズエンド

      木原音瀬2012/07

      カテゴリー:小説、物語
      3.5
      いいね!
      • だ・だ・だ・だ・だ・大好きな木原さんの小説ヾ(≧▽≦)ノ 

        今回はBL漫画『キャッスルマンゴー(漫画)』2巻のその後の書き下ろし収録。
        AV監督・十亀と当時まだ高校生だった万のすったもんだの恋物語のその後お話

        中編2編

        『リバーズエンド』は十亀の高校生の頃の話。
        とにかく痛いです…痛い☆⌒Σ(≧д≦)
        貧困って毒親って…
        そのしわ寄せってのは子供にくるんだなぁ、
        ってのがこれでもか!!って書いてある
        父親がギャンブル・お酒で借金まみれの超ド貧乏
        これってBLじゃないよね?普通の貧困家庭の話だよΣ(o>艸<)


        『god bless you』は十亀と万のその後
        十亀はAV監督を辞めたけどドキュメンタリー作品を撮ったりと
        自分の好きな作品を撮りつつある…でも全然無名のぺーぺー
        そんな十亀に映画のメイキング撮影の仕事が…
        撮影現場で働く十亀と監督や出演者などの関わり合い方がリアル

        この撮影現場のトラブル云々で
        マイナス思考の十亀が過去に踏ん切りを付け
        自分は不運ではあったけど不幸じゃなかった…と思う
        自分ってホントは幸せなんだよなぁ~って気付く事が出来て良かった+.(´∀`*).+

        自分の幸不幸ってのは自分がそう自覚しないと判らないよね
        自分の感情なんだから…
        >> 続きを読む

        2012/12/09 by あんコ

    • 3人が本棚登録しています
      HOLLY MIX番外編集 8th anniversary anthology

      安芸まくら2013/10

      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • ホーリーノベルズの番外編集。
        木原音瀬さんの『リバーズエンド』の番外編が読みたくて買った本。手にした時に木原さんだけ読んで放置(笑)
        やっと他の作家さん達の話(番外編)を読んだ。
        木原さんの『リバーズエンド』は文句なし!!
        さすが…十亀さんと万のその後、幸せな姿を見れて満足(≧∇≦)b

        安芸まくらさんの『明日も愛してる』の番外編も良かった…
        記憶障害の恋人を持つって切ないなぁ。
        切ない中にも悦びがあるからこの関係を続けれれるんだろうけど。
        この2編は良かった。

        うん、私はこの2編だけで満足です(。+・‘ω・´)キリッ
        >> 続きを読む

        2013/12/07 by あんコ

      • コメント 6件
    • 1人が本棚登録しています
      木の下闇の恋

      遠野春日2013/12

      カテゴリー:小説、物語
      2.0
      いいね!
      • 弓道部ってとこと小椋先生の絵に惹かれて買った本。
        ただ単に私も高校の時弓道部だったので(笑)

        中高と親友だった花厳啓介(かざりけいすけ)と永穂知美(ながほともよし)
        でも高2の夏、部活合宿の後、急に啓介に距離を置かれ始めた知美
        最初は何で自分が距離を置かれたか判らなかったが
        その頃から知美は友情とは違う感情で啓介を見てる事に気づく
        反対に啓介は知美に欲情した事に驚き距離を置いた。

        二人が疎遠になって10年。
        同窓会で再会…それからの話。

        10年も経っているので恋情も収まってると思い
        友達としてやり直そうと、思ったが
        顔を見た途端気持ちに歯止めが利かなくなる2人
        でも態度には全くでない

        両視点で交互に話が進むんだけど
        淡々とした感じで盛り上がりもさほどなく、
        綺麗な言い方をすればお互いが臆病になってなかなか踏み出せない。
        素の言葉で言うとお互いが悶々としてるウジウジ君。
        あれから10年も経ち
        28にもなって何グダグダしてんだよ~ってのが本音。(笑)

        お互い言わなきゃ…
        行動しなきゃってのが最後のあたりだったので甘い感じのしない本。
        最後の最後に腹くくれたからいいかぁ…┐(-。ー;)┌
        >> 続きを読む

        2014/01/29 by あんコ

      • コメント 4件
    • 1人が本棚登録しています

【(株)蒼竜社】(ソウリユウシヤ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(出版社,発行所)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本