レビューの並び替え:
  • 1~10件 (全64件)
B612さんの読書レビュー一覧

評価: 5.0

読了日:2016/04/07

投稿日:2016/04/08

 千早茜が「魚神」で第21回小説すばる新人賞を受賞した際に対談をしていた、その言葉が妙に生々しくて、惹かれていた。  私はファンタジー作品が好きなもので、ご本人には大変、申し訳ないのだが、名前の風雅さと裏腹に、風貌がいかにも現代の、どうしようもない淀の中を淡々と観察し、じっくりと汗、垢のにおい...

評価: 4.0

読了日:2015/09/07

投稿日:2015/09/11

 全体に謎かけが満載!!それでいて嫌みなく、長野作品特有の上品な色気とおいしそうな食べ物が万遍なく出てくるのがうれしい。  人間関係(家系図的な)もややこしくなるので傍らに紙を置いて書きながら整理しながら読みました。  ほとんど全て解くのに、最後の一押しを読者の創造にゆだねるやり方は好き...

評価: 3.0

読了日:2015/08/31

投稿日:2015/08/31

ほんの、小さなものをつましく頂戴して生きているねずみ。  私達が追い立てるのにはもちろん、理由があるのだけれど、もしも、ねずみがぜんまい仕掛けの玩具に今日を示したら、巣穴でも見つけてそっと入れてあげたくなった。

評価: 4.0

読了日:2015/08/30

投稿日:2015/08/31

文句なしに面白い!! 妖精界か、人間界で生きるか、できなく、両者は平行して存在する、というのが、遊ぶのか、仕事するのか。好きな事をして、生きるか、生活の為に、生きるか、の問いのようだった。  自然の中の力を私達に私達日本人は、感じとる。共生する。  けれど、大陸の人たちは薬草や、まじ...

評価: 4.0

読了日:2015/08/27

投稿日:2015/08/27

 普通の昭和の物語、というより、土着の日本の気配がする。    とにかく、純粋な人たちの物語。老いも若きも、純粋、純朴。  その、純朴の中にも悪意や、策謀や、そういうものが見え隠れしているのが流石というべきか。

評価: 4.0

読了日:2015/08/27

投稿日:2015/08/27

 金子みすずの詩「わたしと小鳥と鈴と」を彷彿とさせる話だった。  これ、色々当てはめて考えると深い。

評価: 5.0

読了日:2015/06/15

投稿日:2015/06/15

 宝石の国に夏が来た!!  まるで別人に変容したフォスに宝石の面々は興味津々。  そして金剛先生のペット?とおぼしき月犬の襲来でフォスは先生と月人の因果に気づくのだが。。。。  物語としては新しい展開への繋ぎかもしれないけれど、先生と月人との関係を知りながら先生を信頼していた宝...

評価: 5.0

読了日:2015/05/18

投稿日:2015/05/18

大正ロマンな綺麗・可愛いが多多紹介されていて、「おしゃれになりたいけれど、どこから始めたらいいの?」と言う乙女さんにぴったり。 美輪さんの二十歳の頃の部屋のレイアウトがイラストで再現されているのですが、芥川龍之介の「葱」に出てくるお君さんの部屋のようにロマンチックです。

評価: 4.0

読了日:2015/05/18

投稿日:2015/05/18

脳科学者・茂木健一郎さんとスピリチュアルカウンセラーの江原啓之さんの対談記録。  エンジン01自体、とてつもなくオモチロイイベント(これは、もはやハプニング)で、開催されたら絶対行った方が良いもののひとつ。    で、脳科学と心霊科学と、科学繋がりな二人が何より「今、何が起こるか判らない人...

評価: 5.0

読了日:2014/09/23

投稿日:2014/09/23

 ぎょえぇぇ!!  こんなにオモチロい本!!  会田誠みたいな所もあります。可愛いくて、残酷で、不思議な戦争。  何度も何度も死にながら、幾度も幾度も殺される。  目が覚めて、夜になって、やっぱり「私」は死にに行くんだなぁ。

  • 1~10件 (全64件)

B612さんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:B612
本棚登録件数: 81 冊
レビュー件数: 64 件

自己紹介:
はじめまして。

ぼつぼつ、読んだものについて覚書していきます。

B612さんの本棚
マイ本棚をブログに設置
絞り込み
絞り込みを解除: すべての本を表示
ステータス:
読み終わった本   読みたい本  
読んでいる本  
本の所有:
持っていない   持っている