• 1~6件 (全6件)
FUKUchanさんの読書レビュー一覧

評価: 3.0

読了日:2017/07/30

投稿日:2017/07/30

意志力とは何かの解説はとても分かり易かったが、それを鍛える方法が 今一、インパクトが薄かった。 意思力とは感情や欲望や行動を自己コントロール能力、決断する力。 それは1日のうち、使えば使うほど消耗して行くようだ。(自我消耗) うーん、ストレス耐性にも近いものかなぁ?? 実は読みなが...

評価: 3.0

読了日:2017/07/24

投稿日:2017/07/24

いやはや、Excelってこんな進化してるのですねぇ。 まぁ、「どんな事が出来るか」くらいは押さえておかないと。 しかし、今後アプリケーションソフト(今はこの括りも古い?)はどう分岐していくのでしょうか。 そもそも、データ分析自体、人間がやらなければいけないのでしょうか。 AIが因果関係の...

評価: 3.0

読了日:2017/07/23

投稿日:2017/07/23

「要求」ではなく自分(I)の感情で相手に伝えるとか、 「怒り」は「違い」と考えるとか、相手の言葉をオウム返しして共感を表すなど、特に目新しいコツはありませんでした。 ただ、気遣いと言いながら、自分の感情をコントロールする事が、結局は相手に対しての気遣いになることを軸に書かれているのは、ちょっ...

評価: 4.0

読了日:2017/07/22

投稿日:2017/07/22

何の予備知識もなく、いきなり④から読み始めた。 (著者がドラッカーの後継者と呼ばれる人物って事すらも知らず。) どんな外的要因にも揺るがず、数十年に渡り常に高い利益率を維持する企業を『10X(十倍)型企業』と命名し、その経営手法を徹底分析した本だ。 (正確に言うと、10X型企業を率いるリー...

評価: 5.0

読了日:2017/07/16

投稿日:2017/07/16

本来は、中高大学生をターゲットに書かれているが、全世代に読んで欲しい本だ。 「財政」なんて、固い言葉からは想像の出来ない大きな人類愛(?)を感じる。 財政社会学の研究者である著者が、現在の日本の財政状況を丁寧に解説してくれる。 実は日本の政府はOECD加盟国の中では「小さな政府」であること...

評価: 4.0

読了日:2017/07/08

投稿日:2017/07/08

自分の中のエゴを認識するには良い本かもしれません。 以前読んだ、「ブッタの教え」とちょっと似ています。 なので、不安や怒りなどと言うネガティブな感情が、 如何に自分の心の中で勝手に作り出されているかがわかります。 では、楽しいや嬉しいって感情まで、同様なものか?と ちょっと冷めてしまう...

  • 1~6件 (全6件)

FUKUchanさんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:FUKUchan
本棚登録件数: 204 冊
レビュー件数: 145 件

自己紹介:
ジャンル問わずの「乱読派」。ちょっと「毒」のあるくらいの本が好きです。

FUKUchanさんの本棚
マイ本棚をブログに設置