レビューの並び替え:
一覧へ
  • 5件目(全145件)
東京「近未来」年表 ―オリンピック後の10年で何が起こるのか?

著者: 山田 順

評価: 3.0

読了日: 2019/08/17

投稿日: 2019/08/17

実家にあったのでお盆に読みました。
ざっと、2020~2030年までの悲観年表が説明されています。
主要なところでは、
・2020年東京オリンピック-大炎上
・2023年財政破綻秒読み!政府が個人資産を奪う
・2025年年金破綻で右も左も貧困老人ばかり
・2026年ヤンキー絶滅、結婚難民、女性残酷社会
・2029年AIに職を奪われ、街に溢れる失業者
・2030年キャッシュレスによる監視社会の完成
などなど。

人間は考えても解決しないものには脳がフリーズしちゃうので、まえがきにある様に、「悲観論こそ下手な楽観論より未来に備える力あり!」と書かれてもなぁ・・・。

この手の本に対抗して、政治家が解決策本を書いたならば、さぞや大ベストセラーとなることでしょう。

とりあえず、ティッピングポイント(ある技術的変革が突如、社会の主流を転換させてしまう瞬間)だけメモっておく。
(1)AIロボットによる生産の完全オートメーション化
(2)人間と機械の融合によるサイボーグ化
(3)意思決定までAIが行うプロセスの導入
(4)すべてがネットでつながることで「所有」と言う概念が希薄化して「シェア」が主流となる


    FUKUchanさんの読書レビュー 「東京「近未来」年表 ―オリンピック後の10年で何が起こるのか?」 | 読書ログ

    プロフィール
    ニックネーム:FUKUchan
    本棚登録件数: 204 冊
    レビュー件数: 145 件

    自己紹介:
    ジャンル問わずの「乱読派」。ちょっと「毒」のあるくらいの本が好きです。

    FUKUchanさんの本棚
    マイ本棚をブログに設置
    絞り込み
    絞り込みを解除: すべての本を表示
    ステータス:
    読み終わった本   読みたい本  
    本の所有:
    持っていない   持っている