レビューの並び替え:
一覧へ
  • 4件目(全145件)
わたしのマトカ

著者: 片桐はいり

出版社:幻冬舎 (2010/02)

評価: 4.0

読了日: 2019/08/17

投稿日: 2019/08/17

面白そうな本を探していたら、個性派女優が書いたエッセイがやたらとレビューが多い。
装丁もかなり可愛い。
案の定、移動の乗り物の中で読み始めたらとまらない。

映画の撮影のために訪れたフィンランドでの約1ヶ月間の滞在記。
現地での楽しみ方が、やんちゃで自然で解放感が振り切れてて、こちらまで一緒にうるっとしたり、ひやっとしたり、おえっとしたり。
女優さんが書く文章だけに、みせる技。
フィンランドの白夜の光の描写に、忘れていた「見えないものを感じる」旅の楽しさを思い出す。
あと、読みながらフィンランド人の気質、どこか自分の住む北の地のそれと似てると感じる。

死ぬまでに白夜とオーロラは見ておこう、と改めて思う。


    FUKUchanさんの読書レビュー 「わたしのマトカ」 | 読書ログ

    プロフィール
    ニックネーム:FUKUchan
    本棚登録件数: 204 冊
    レビュー件数: 145 件

    自己紹介:
    ジャンル問わずの「乱読派」。ちょっと「毒」のあるくらいの本が好きです。

    FUKUchanさんの本棚
    マイ本棚をブログに設置
    絞り込み
    絞り込みを解除: すべての本を表示
    ステータス:
    読み終わった本   読みたい本  
    本の所有:
    持っていない   持っている