レビューの並び替え:
一覧へ
  • 5件目(全9件)
フォーチュン・クエスト〈3〉忘れられた村の忘れられたスープ 下 (角川文庫―スニーカー文庫)

著者: 深沢 美潮

評価: 5.0

読了日: 2018/12/05

投稿日: 2018/12/05


 フォーチュン・クエスト2巻の続きになります。魔女のマラヴォアによってオウムに変えられてしまったクレイは元に戻れるのか、リーダーのクレイのいない冒険に緊張の3巻です。手に汗握りました。



 パステルとトラップの会話もフォーチュンの醍醐味ですよね。この3巻は例えて書くと四六時中一緒にいるくらいこの2人の会話が多いので、パステルとトラップが好きな方、オススメです。



 3巻はいろいろなことが起こるため、1つ1つの展開に目が離せません。特にブラックドラゴンとジュン・ケイと恋の女神のメナースですかね。



 忘れられた村の忘れられたスープの材料を集めるために、パステルたちが1番苦労したのが、『ブラックドラゴンのところに行くまでのところ』になります。



 そこまで厳しく激しい戦いではないのですが、ラストシーンまでが戦いのフォーチュン・クエスト3巻でした。一緒に戦っているつもりになれる巻です。



 そして、食べ物の挿し絵がくるとお腹が最高に鳴ってきます!


    佐渡惺さんの読書レビュー 「フォーチュン・クエスト〈3〉忘れられた村の忘れられたスープ 下 (角川文庫―スニーカー文庫)」 | 読書ログ

    プロフィール
    ニックネーム:佐渡惺
    本棚登録件数: 9 冊
    レビュー件数: 9 件

    自己紹介:
    読書ログ始めたてになります。おもに好きな本・ジャンルは児童書、ファンタジー、マンガ本です。よろしくお願いします!

    佐渡惺さんの本棚
    マイ本棚をブログに設置
    絞り込み
    絞り込みを解除: すべての本を表示
    ステータス:
    読み終わった本  
    本の所有:
    持っている