レビューの並び替え:
一覧へ
  • 4件目(全9件)
フォーチュン・クエスト〈4〉ようこそ!呪われた城へ (角川文庫―スニーカー文庫)

著者: 深沢 美潮

評価: 5.0

読了日: 2018/12/18

投稿日: 2018/12/18

 フォーチュンの4巻は、叫びがいっぱいの連続の巻です。



 1つ目は、これまでの1巻から3巻まで、事情があってなかなかパステルたちと共に冒険が出来なかったリーダーのクレイが今巻はずっと一緒の嬉しい叫びです。



 2つ目はメインの『呪われた城』とその城に入る前の保険屋のヒュー・オーシの脅かしや、数々のゴーストタイプのモンスター出現により、パステルの怖くてたまらない悲鳴の叫びになります。



 3つ目は、呪われた城で出会ったレディ・グレイスにさらわれ、悲鳴のノルでしたが、レディ・グレイスのノルへの予想外の気持ちに読者の方が心の叫びがきそうです。



 4つ目は、いつも文中と挿し絵の食べ物や飲み物がおいしそうでたまらないお腹の虫の叫びになります。ここ読むと必ずお腹がぐうって鳴ります。フォーチュンの醍醐味です。



 そして、5つ目がパステルとクレイの会話が良くて感動の叫びです。もし、フォーチュンのアニメがこの辺、やっていたら、名場面ベスト10にランクインの特集されていてもおかしくないかもしれません。



 こういうふうに、叫びの連続がくるフォーチュン・クエスト4巻もオススメします!パステルとトラップのやりとりも多いですよ!


    佐渡惺さんの読書レビュー 「フォーチュン・クエスト〈4〉ようこそ!呪われた城へ (角川文庫―スニーカー文庫)」 | 読書ログ

    プロフィール
    ニックネーム:佐渡惺
    本棚登録件数: 9 冊
    レビュー件数: 9 件

    自己紹介:
    読書ログ始めたてになります。おもに好きな本・ジャンルは児童書、ファンタジー、マンガ本です。よろしくお願いします!

    佐渡惺さんの本棚
    マイ本棚をブログに設置
    絞り込み
    絞り込みを解除: すべての本を表示
    ステータス:
    読み終わった本  
    本の所有:
    持っている