レビューの並び替え:
  • 1~10件 (全16件)
Jinjinminさんの読書レビュー一覧

評価: 2.0

読了日:2017/07/08

投稿日:2017/07/08

図書の検閲が可能な世界の話である。 近頃日本でも少年が凶悪犯罪を犯した際の残虐ゲームやアニメが批判されることを思い起こす世界観である。実際にそのような内容もある。 感想としては、女子女子してる内容だ。昔の憧れの人と、現在の尊敬の人、さらに意識していなかったハイスペックマンとの間で揺れていた。それ...

評価: 5.0

読了日:2017/07/01

投稿日:2017/07/01

上に続き読んだ。 上の方では認知革命により、人々が神話などを想像することにより、多数の他者と協力でき、農業革命により定住化が進んだ、という内容だった。 一方、下の方では中世以降、人類にとって科学の役割が大きくなり、それにより人類は進歩ということを学ぶ。今では、考えられないが中世以前は未来が発展す...

評価: 5.0

読了日:2017/06/22

投稿日:2017/06/25

サピエンスがどう進化してきたか。 そのことについて社会学からのアプローチで書かれている。よく言われる、ホモ・サピエンスは二足歩行になったことで両手を使えるようになり、脳が大きくなった。だが、他のサピエンスは違ったのか?むしろ、脳の大きさでいうと、他のサピエンスにはより脳の大きなサピエンスがいたらし...

評価: 4.0

読了日:2017/06/11

投稿日:2017/06/13

ドラマ花咲舞は黙ってないの原作。 短編小説であり、直接は繋がっていないが各登場人物の設定が所々に活きてくる。 一貫して真藤部長と事務部は敵対しており、真藤派閥からの巧妙な罠を花咲がかいくぐり、銀行の仕事に切り込んでいく。 短編集であり、一つ一つ平易な文章で書かれている。

評価: 2.0

読了日:2017/06/06

投稿日:2017/06/06

前著を読んで続きがあると知り購入。 テーマは同じだが、ところどころテイストが変わっていた感じ。 両立と練習メニューに期待したがそれはあまり載っておらず、一番のメインは東大宮台と国立高校の甲子園初出場の時の様子だ。個々の選手・チームというものに期待したがそれは前著で終えてしまったのか。 ハンディ...

評価: 5.0

読了日:2017/06/04

投稿日:2017/06/06

太平洋戦争における日本軍という組織の体制、考え方を考察。 純官僚組織を整備していた日本軍だが、戦争という非日常の場面では官僚組織が機能していなかった。フォーマルな意見を述べるのではなく、インフォーマルな繋がり、主に陸海軍大学校の繋がり等が重視され、精神性が場を支配していた。客観的な情報ではなく情緒...

評価: 4.0

読了日:2017/05/03

投稿日:2017/05/03

牡蠣に浄水機能があることを知り、更には牡蠣の殻自体にも水を浄化できると知り、自然のすごさを感じられた。 里山資本主義を読んでから数年、当時感じた感動も社会人になり忘れていたが、もう一度自然の豊かさを考えようと思う。 この本にも里山資本主義にもあった、金で買えない価値を得ることの重要さ、希少性を考...

評価: 1.0

読了日:2017/05/01

投稿日:2017/05/01

橋本棋士の将棋連盟に対するなんとかしないとという思いは伝わってきた。だが、橋本棋士の思いと行動が一致しているようには思えない。電脳戦への批判については、コンピューターが最善手を解明してしまうから反対だとしている。 有限である指し手を無限に見せることが棋士の役目だとしており、コンピューターが解明して...

評価: 3.0

読了日:2017/04/29

投稿日:2017/04/30

江戸時代の蔵書家がどのような本を持っていたか。そして、蔵書家同士がネットワークを持ちお互いの知識を深めていった過程が詳しく載っている。 数万巻の蔵書を保有していた小山田与清、国学の塙保己一等が蔵書家として紹介され、その人生と偉業を述べている。 江戸時代に書物の索引がなされ、知の発展に寄与した。 ...

評価: 3.0

読了日:2017/04/22

投稿日:2017/04/22

森見登美彦の京都の舞台に古典の名作を投影させている。それぞれ話は独立しているが、登場人物はラップしており、ある意味1つの物語としても読めるかな?走れメロスの話から考えると、他の作品も色々面白おかしく改変されているのだろう。 これをきっかけに原作も読むことになるかもしれない。

  • 1~10件 (全16件)

Jinjinminさんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:Jinjinmin
本棚登録件数: 16 冊
レビュー件数: 16 件

自己紹介:
小説と芸術・科学分野は苦手ですが、それも
積極的に読みます。

Jinjinminさんの本棚
マイ本棚をブログに設置
絞り込み
絞り込みを解除: すべての本を表示
ステータス:
読み終わった本  
本の所有:
持っている