レビューの並び替え:
  • 1~10件 (全38件)
Judithさんの読書レビュー一覧

評価: 5.0

読了日:2019/12/21

投稿日:2019/12/22

色々と謎は残りますが面白かったです。最後が粋ですね。

評価: 5.0

読了日:2019/12/18

投稿日:2019/12/18

驍宗さま〜! 泰麒はお人が悪い…!

評価: 4.0

読了日:2019/12/13

投稿日:2019/12/13

驍宗ほんとに…? 泰麒は本当のことを言ってるの? 前巻と同じく話はあまり進まない。天命のアホーーー!!!

評価: 4.0

読了日:2019/12/08

投稿日:2019/12/08

序盤も序盤ですね。特に話は進みません。 1巻のうちに驍宗と再会できるかと思ってましたがまだでした。2巻が楽しみです。

評価: 5.0

読了日:2019/12/05

投稿日:2019/12/05

「魔性の子」の答え合わせみたいな巻でした。いや~濃かった。各国の王や麒麟が集ったのでオールスター感が強い。 「魔性の子」の最後で泰麒が「王が来た」みたいなこと言ってたので最後は驍宗が迎えに来るものだと思ってましたが尚隆でした。お前かーい! 驍宗の安否は未だ知れず。しかし今作の尚隆と六太は働き者です...

評価: 5.0

読了日:2019/12/02

投稿日:2019/12/02

どれも濃厚なお話でした。色々感想はあったのですが最後の話「帰山」に出てきた風漢に頭をやられてしまい上手く言葉がまとまりません。あの二人、知り合いだったのか…ヤバいな。栄子必衰という言葉がありますし、永遠に栄えるものなど無いのかもしれませんが末永く繁栄してほしいですね。 泰の話を読めたのは嬉しか...

評価: 5.0

読了日:2019/12/01

投稿日:2019/12/01

珠晶は生意気で最初はちょっと気に入らなかったけどいい子だったのでちょっと好きになりました。 利広はただならぬ雰囲気を感じたので絶対裏切ると思ってました。すまん。 頑丘はあのあと珠晶の臣下になったのでしょうか。死ななくてよかった…死ぬと思ってた…。 「あたしが生まれたときに、どうして来ないの!」...

評価: 5.0

読了日:2019/11/30

投稿日:2019/11/30

「青条の蘭」が一番好きです。標仲を応援しながら読み進めました。国はどこだろう、荒れてるから慶かなと思ってたらあそことは! 宮の名前でどこの国かわかるのが粋ですね。大丈夫だよ標仲! 新王は信頼できる! ぼんくらだけどな!

評価: 5.0

読了日:2019/11/27

投稿日:2019/11/28

初勅が陽子らしかった。慶はきっといい国になりますね。 色んな巻でたまに出て来る泰の主従が気になります。2巻と0巻の間に何があったのか…。

評価: 5.0

読了日:2019/11/26

投稿日:2019/11/26

己の人生を豊かにするか貧しくするかは、本人の心次第なんだろうなと感じました。 貧しくても幸せな人もいるし、裕福でも苦労している人もいる。 楽俊と同じく、陽子がどんな国を作るのか見てみたいです。十二国記、面白すぎて読む手が止まりません。

  • 1~10件 (全38件)

Judithさんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:Judith
本棚登録件数: 39 冊
レビュー件数: 38 件

自己紹介:
田中芳樹先生、宮部みゆき先生、米澤穂信先生の本が好きです。

Judithさんの本棚
マイ本棚をブログに設置
絞り込み
絞り込みを解除: すべての本を表示
ステータス:
読み終わった本  
本の所有:
持っている   持っていない