レビューの並び替え:
  • 1~10件 (全163件)
香菜子さんの読書レビュー一覧

評価: 5.0

読了日:2018/01/28

投稿日:2018/01/28

母・娘・祖母が共存するために。信田さよこ先生の著書。以前、信田さよこ先生の「母が重くてたまらない 墓守娘の嘆き」を読んだことがあって、思うところも多かった。母・娘・祖母という関係は時として不健全で異常な共依存関係になりがち。それが不幸をもたらすこともある。不健全で異常な共依存関係ではなく、健全で爽や...

評価: 4.0

読了日:2018/01/28

投稿日:2018/01/28

「悩み部」の栄光と、その慢心。。麻希一樹先生の著書。「悩み部」のメンバーたちの様々なストーリー。気軽に読めて楽しい。空き時間に気分転換として読む本としてお薦めです。

評価: 5.0

読了日:2018/01/28

投稿日:2018/01/28

理系の女の生き方ガイド―女性研究者に学ぶ自己実現法。宇野嘉津子先生と坂東昌子先生による著書。出版されたのは2000年と古いけれど、理系の女や女性研究者にとっては普遍的な内容だと思います。結婚するしないや子供を持つ持たないは個人の自由だけれど、理系の女や女性研究者に限らず、結婚や子育てといった経験を強...

評価: 5.0

読了日:2018/01/28

投稿日:2018/01/28

いとも優雅な意地悪の教本。橋本治先生の著書。意地悪は肉体的暴力や攻撃とは違う。意地悪は悪口や陰口、罵詈雑言とも違う。意地悪は本来は知的で優雅な行為。橋本治先生から優雅な意地悪の仕方を学べる良書。

評価: 5.0

読了日:2018/01/28

投稿日:2018/01/28

世界の独裁者。六辻彰二先生の著書。世界中に存在する独裁政治を行う独裁者たちをまとめた良書。傍から見ると身勝手な悪政をしているようにすら見える独裁者たちでも、国内では英雄であったり伝説的な政治家であったり尊敬される存在であったり。独裁者は全部悪と決めつけてしまうことも傲慢で危険な発想なのかな。

評価: 5.0

読了日:2018/01/28

投稿日:2018/01/28

トランプ大統領による自伝。トランプ大統領が不動産王としての自分の仕事に自信と誇りを持って、心から不動産業を楽しんでいることが伝わってくる。私は政治家としてのトランプ大統領は尊敬できないけれど、ビジネスリーダーしてのドナルド・J.トランプは素敵だと思う。

評価: 5.0

読了日:2018/01/28

投稿日:2018/01/28

正しい恨みの晴らし方。中野信子先生と澤田匡人先生の著書。嫉妬感情や怨恨感情をコントロールして、自尊感情を回復させ、正しい恨みの晴らし方をするためのヒントが書かれている良書。嫉妬感情や怨恨感情で間違った恨みの晴らし方をしては皆が不幸になる。正しい恨みの晴らし方を覚えるのは大切なこと。

評価: 4.0

読了日:2018/01/28

投稿日:2018/01/28

間取りと妄想。大竹昭子先生の著書。家の間取りから始まる短編小説。とても個性的で楽しく読めました。

評価: 5.0

読了日:2018/01/28

投稿日:2018/01/28

最新 差別語・不快語。女性差別、人種差別、国籍差別、障害者差別、どんな差別であれ、差別自体あってはならないこと。差別の定義は難しいけれど、差別される立場の人が少しでも被差別意識を持った時点でそれは差別なのだろうと思う。自分が見ず知らずのうちに醜悪な差別発言をしないためには、差別語・不快語を予め学んで...

評価: 5.0

読了日:2018/01/24

投稿日:2018/01/28

恋する寄生虫。タイトルは不思議だけれど、内容は素敵な純愛のお話。素直に感動しました。

  • 1~10件 (全163件)

香菜子さんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:香菜子
本棚登録件数: 169 冊
レビュー件数: 163 件

自己紹介:
こんにちは、香菜子(かなこ)です。ジャンル関係なく、気になった本があれば時間を見つけてどんどん読んでいます。子供のことから本博士、読書博士と呼ばれる程の本大好き人間でした。本好きの皆さんの感想やレビューを見て、読んだことのない本に手を伸ばすことも頻繁です。

香菜子さんの本棚
マイ本棚をブログに設置
絞り込み
絞り込みを解除: すべての本を表示
ステータス:
読み終わった本   読みたい本  
本の所有:
持っている   持っていない