レビューの並び替え:
  • 1~10件 (全97件)
まきたろうさんの読書レビュー一覧

評価: 3.0

読了日:2018/05/27

投稿日:2018/05/27

「貝」の話ではなく、「買い」の話。「ドストエフスキーは、貨幣は鋳造された自由である、と書いた」と、文豪の言葉に感銘した主人公が、カネを稼ぐために蓄積した鬱を消費で開放すべく想念を巡らせ悪戦苦闘する姿が一人芝居のよううにノンストップで展開。 主人公の思考が妄想、夢想、雑念へと転じ、論理が失速、破...

評価: 3.0

読了日:2018/05/21

投稿日:2018/05/22

欧米人は年齢スキルと血液型パーソナリティを嫌う。日本人は年齢スキルと血液型パーソナリティを好む。個人と組織を重んじる文化の差異かもしれない。 そんな土壌の違いを反映するかのように定着した「アラサー」「アラフォー」というワードがまるで安倍晴明の呪術のごとく、女子の精神を縛りつけているリアルな心象...

評価: 3.0

読了日:2018/05/18

投稿日:2018/05/20

せっかちでクレージーな暴君。夢、希望、絶望がめまぐるしく交錯する対人関係の軋轢。 またたく間に未知の世界を現実化し、この世を去ったジョブズの火傷しそうな人生の熱量に改めて驚く。アップル社を立ち上げ、マッキントッシュ、ピクサーを創造するまでの第1巻。 初代マック誕生CMにリドリー・スコット...

評価: 3.0

読了日:2018/05/06

投稿日:2018/05/06

首相が「一億総活躍プラン」を掲げるずっと前に、労働者を取り巻く現実と職場環境を文学に昇華させていた著者の皮膚感覚に敬意。 正社員になってもモラハラ、パワハラなどで撃沈された人々がジプシーのようにさまよう時代。 仕事を3本かけ持ちしても、明日が見えない主人公の薄給生活はこの国のリアル。 ...

評価: 4.0

読了日:2018/05/03

投稿日:2018/05/04

戦争、紛争、テロ、殺人、自然災害、事故、虐待。予期せぬ理由で毎日世界中で命を落としてゆく人々がいる。 ニュースで目にする死者を数で計ってしまっている社会を揺さぶる強烈なメッセージを秘めた作品。 貧困、格差と裕福層のはざまで自己破綻と再生を繰り返す主人公・ワイルド曽田アイが最後に行き着く場...

評価: 3.0

読了日:2018/05/02

投稿日:2018/05/03

万年筆、原稿用紙、電話、広辞苑。ネットどころか、FAXすら身近でなかった時代、編集者も滅多にやって来ないこの地方都市で作家という仕事を確立してきた著者の若き日の創作に対する情熱と姿勢を垣間見ることができる貴重な短編集。 飲み屋街と競輪場にひんぱんに出没する小説家の噂はよく耳にしたが、その存在自...

評価: 3.0

読了日:2018/05/01

投稿日:2018/05/02

主人公20歳、知寿(ちず)。居候先のおばあさん71歳、吟子さん。50の年の差女子ルームシェア。いまひとつテンションの上がらない奇妙な共同生活。 互いに相手の胸の内に踏み込まないぎこちない距離感を保つ住まいから、知寿はバイトへ出かけていく。 彼氏にひどいふられ方をしても、新たなボーイフレン...

評価: 3.0

読了日:2018/04/27

投稿日:2018/05/01

タイトルと装丁が気になっていたが未読だった。乳がん手術後、心身のバランスを欠いてひねくれた態度で社会復帰しない25歳の主人公のゆがんだ内面を描く表題作を含む5編の短編集。 離婚、大病、失業、リストラ…。誰にでも起こりうる挫折・喪失・敗北・焦燥感など負の心理状態と、男に体を許すときの頃合いや間が...

評価: 3.0

読了日:2018/04/21

投稿日:2018/04/30

お友だち女子が「マルハナバチってかわいい」と瞳を輝かせたことを思いだした。 なるほど、もふもふしてまるこい容姿は愛嬌がある。でもやっぱり蜂だよね、と危険な害虫イメージがぬぐえなかった。 「キュン」や「フェチ」って社会通念や常識にしばられないその人の感度を見ているようでおもしろい。そんな個...

評価: 4.0

読了日:2018/04/19

投稿日:2018/04/24

昔から人類がとりつかれてきた「永遠」がもし現実になったら社会はどうなるんだろうか? 過去と未来の価値観、倫理観、人生観の相違がリアルで超刺激的。読むうちに現代も物語世界に半分足を突っ込んでいる気がしてきた。 10年前に著者が病床で出力して見せたハーモニズムは、人類が夢見る「痛みのない」...

  • 1~10件 (全97件)

まきたろうさんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:まきたろう
本棚登録件数: 187 冊
レビュー件数: 97 件

自己紹介:
小説と映画と麦酒を燃料に暮らしています。

まきたろうさんの本棚
マイ本棚をブログに設置
絞り込み
絞り込みを解除: すべての本を表示
ステータス:
読み終わった本   読みたい本  
本の所有:
持っている   持っていない