レビューの並び替え:
一覧へ
  • 1件目(全150件)
総理の夫 First Gentleman (実業之日本社文庫)

著者: 原田マハ

評価: 3.0

読了日: 2019/08/14

投稿日: 2019/08/14

フィックションだけど笑えない、この国が置かれている山積みの課題と財政破綻を見事に描いたお仕事小説の傑作!

新党令和が一石を投じたギーン世界に通じる国民不在の政治に何度騙されても縮まらない国家と生活の距離感に真の声を上げる日本初の女性総理大臣、相馬凛子が痛快過ぎる。

ギーン、官僚世界に限らず、企業、芸能、スポーツなどあらゆる組織が脈々と繰り返してきた利益と保身、忖度にまみれたグタグタな男社会から決別できない現実とどう折り合いをつけていくのか?

幸せのキーマンはリーダーだ。

生徒会長、班長、キャプテン、校長、公民館長、市会ギーン、村長、市長、県知事、代議士、社長、店長、部長、専務、主任、係長…。世の中はなんと自分の言葉を発せない役柄で構成されているんだろう?

清廉潔白なイメージをいくら連ねても何も変わらないことをボクら国民は嫌というほと経験し尽くしているはずなのに。

ハートのない言葉は誰も聞いていないし、誰も信用していないという現実にそろそろ追いつこうぜ。

解説がファーストレディの安倍昭恵氏というのもなんかすごい小説だぜ(本文の余韻を大事にしたくて読まなかったぜ)。


    まきたろうさんの読書レビュー 「総理の夫 First Gentleman (実業之日本社文庫)」 | 読書ログ

    プロフィール
    ニックネーム:まきたろう
    本棚登録件数: 240 冊
    レビュー件数: 150 件

    自己紹介:
    小説と映画と麦酒を燃料に暮らしています。

    まきたろうさんの本棚
    マイ本棚をブログに設置
    絞り込み
    絞り込みを解除: すべての本を表示
    ステータス:
    読み終わった本   読みたい本  
    本の所有:
    持っている   持っていない