レビューの並び替え:
一覧へ
  • 5件目(全52件)
六番目の小夜子

著者: 恩田陸

出版社:新潮社 (2001/01)

評価: 3.0

読了日: 2017/03/10

投稿日: 2017/03/10

本屋さんに作品がたくさん並ぶ人気作家でも、直木賞が遠かった小説家というお仕事を象徴する受賞に敬服し、あえて著者の原点である伝説のデビュー作を読んだ。

折しも、卒業入学シーズンだからか、3年間という期限付きの学校生活で得た儚さと、置き忘れたものが今も尾を引いている懐かしさを感じた。高校卒業から始まった直木賞に乾杯!ジュリーの名曲に響きが似ているタイトルも個人的にGoodだぜ!


    まきたろうさんの読書レビュー 「六番目の小夜子」 | 読書ログ

    プロフィール
    ニックネーム:まきたろう
    本棚登録件数: 142 冊
    レビュー件数: 52 件

    自己紹介:
    小説と映画と麦酒を燃料に暮らしています。

    まきたろうさんの本棚
    マイ本棚をブログに設置
    絞り込み
    絞り込みを解除: すべての本を表示
    ステータス:
    読み終わった本   読みたい本  
    本の所有:
    持っている   持っていない