レビューの並び替え:
一覧へ
  • 23件目(全66件)
ぬるい毒 (新潮文庫)

著者: 本谷 有希子

出版社:新潮社 (2014/02)

評価: 3.0

読了日: 2017/01/28

投稿日: 2017/01/28

主人公、熊田由理の妄想じみた歪んだ人格と自我は誰の人生にもあり得る気がした。彼女が何と闘っているのかラストまで釈然としなかったが、魅力ある男の存在は、地方と都会の差異に似た不条理にも思えた。

訳がわからないまま負けている気になる、都会(魅力的な男)に自己批判と自己暗示を繰り返す由理と同じく、都会的「ぬるさ」に毒されないように用心したい。


    まきたろうさんの読書レビュー 「ぬるい毒 (新潮文庫)」 | 読書ログ

    プロフィール
    ニックネーム:まきたろう
    本棚登録件数: 156 冊
    レビュー件数: 66 件

    自己紹介:
    小説と映画と麦酒を燃料に暮らしています。

    まきたろうさんの本棚
    マイ本棚をブログに設置
    絞り込み
    絞り込みを解除: すべての本を表示
    ステータス:
    読み終わった本   読みたい本  
    本の所有:
    持っている   持っていない