レビューの並び替え:
  • 1~10件 (全1335件)
Kiraさんの読書レビュー一覧

評価: 4.0

読了日:2021/09/12

投稿日:2021/09/14

図書館本。 初読みの作家さん。面白すぎて一気読み。 昔から名前だけは知っていたSF作家さんなので、トンデモ設定も気にならなかった。後半はどんでん返しが続いて「え?」の連続。ほんと、楽しかった。 大江戸MI2も、しっかり借りている。

評価: 4.0

読了日:2021/09/12

投稿日:2021/09/14

図書館本。 不吉な事が続くために大凶寺とあだ名されるようになった題経寺で、ついに殺しが起きる。南町奉行根岸肥前守が謎に挑む。 「耳袋秘帖」の新シリーズ始動を祝うつもりで読んだら、土久呂凶四郎が活躍して、「凶四郎」シリーズの続きも読めたような気分。いつも通りのメンバーも顔を出している。新人...

評価: 4.0

読了日:2021/09/06

投稿日:2021/09/06

図書館本。 シリーズ第七集。文庫版既読。 シリーズを単行本で読み返していて一番気になるのが、岡っ引きで嫌われ者の吉次。この巻には、吉次を主人公にした「隠れ家」と「やさしい男」が含まれる。そう、やさしい男とは、蝮の吉次のことである。 身投げをしようとした娘を助けて以来、吉次は面倒に巻き込...

評価: 4.0

読了日:2021/09/01

投稿日:2021/09/01

図書館本。初読みの作家さん。 上方の極貧世帯が集まる長屋で貧乏神と暮らす絵師、葛幸助が立ち向かう「事件」を描いた三篇。ちょっとミステリアスな展開が面白くて、軽く読める娯楽作品だった。 幸助の友人となった大金持ちの男、通称福の神がさわやかな人物で読むのが楽しかった。関西出身の作家さんなので...

評価: 4.0

読了日:2021/08/30

投稿日:2021/08/30

図書館本。江戸に実在した風狂人七人を描いた短編集。 流麗ながら抑えた筆致が味わい深くて、北原氏の作品はやはりいいなぁと、しみじみ思った。ここに描かれた風狂は、反骨にも通じるものがあると思う。 ただ、平賀源内を描いた「爆発」は狂気を感じさせて、ちょっと不気味だった。ラストの余韻が怖すぎる。...

評価: 5.0

読了日:2021/08/29

投稿日:2021/08/29

図書館本。二年ぶりの新刊。 異色の構成で、晴明と博雅が出てこない「秘帖・陰陽師 赤死病の仮面」を収録。この中編はコロナ禍で読むと不気味なこと、この上ない。 赤疱瘡に感染した者を斬殺する場面には、ぞっとした。ノアの方舟よろしく、選ばれた者が新築の屋敷に立てこもり、疫病がおさまるまで身の安全...

評価: 4.0

読了日:2021/08/29

投稿日:2021/08/29

図書館本。童子を描いた時代小説六篇。女性作家によるアンソロジー。 初読みで気になる作家が中島要さん。文体が好みだった。 前から気になっていた諸田玲子氏の「お鳥見女房」シリーズからの一篇を読めたのがよかった。

評価: 5.0

読了日:2021/07/16

投稿日:2021/07/16

図書館本。 シリーズ決定版第一弾。旧版既読。 何度読んでも小籐次の忠義心には頭が下がる。藩主が受けた恥辱をすすぐために小籐次が挑んだ孤独な戦いは報われるが、その武勇伝が後々一人歩きをして小籐次を悩ませることにもなるのは、ちょっと皮肉。 小籐次の生きざまに男の夢を重ねるという、作者のイン...

評価: 4.0

読了日:2021/07/15

投稿日:2021/07/16

図書館本。 シリーズ第二弾。単行本既読。 横浜みなとみらい署暴対係の係長で、「ハマの用心棒」といわれる諸橋夏男の魅力が全開の巻。このシリーズは諸橋と相棒の城島がかもし出す雰囲気がいつも粋で、読んでいて心地いい。 脇役の一人で、横浜の裏の世界の重鎮ともいえる「常磐町のとっつぁん」神野も魅...

評価: 4.0

読了日:2021/07/15

投稿日:2021/07/15

図書館本。 シリーズ第六弾。 珠子の後輩芸者蟹丸が、どうやら愛坂桃太郎に懸想をしているようで笑える。年の差40歳も蟹丸は平気らしいが、桃太郎はやはり気になる。 孫の桃子の子守りに明け暮れていても、桃太郎はいまだに若い。今回も、やくざな若者数人を相手に立ち回りを披露する。 若いとい...

  • 1~10件 (全1335件)

Kiraさんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:Kira
本棚登録件数: 2803 冊
レビュー件数: 1336 件

自己紹介:
2021年5月
死ぬまでに、あと何冊読めるかなと最近よく思います。
ここから先も、時代小説やミステリを主に読んでいくことになろうかと。

Kiraさんの本棚
マイ本棚をブログに設置