レビューの並び替え:
  • 1~10件 (全368件)
Kiraさんの読書レビュー一覧

評価: 5.0

読了日:2019/07/14

投稿日:2019/07/19

図書館本。 初読みの作家さん。面白すぎて、ページをめくる手が止まらなかった。 八篇の中で圧巻だと思ったのが「鉢植えの女」で、自殺か他殺かに絡んでもう一つの事件があぶり出されていくのが面白かった。傲慢な捜査一課長が、いかに自分が無能であるかをさらけ出していくのも痛快だった。 こんなに面白...

評価: 4.0

読了日:2019/07/13

投稿日:2019/07/14

図書館本。下巻。 偽りの生活を後悔した岩蔵は、雪丸に再会して秘伝書を返す。雪丸が秘伝書の中を見ることもなく師の墓に埋めたことに、岩蔵は驚く。やがて岩蔵は請われてある道場の後継者となるが、それがために恨まれて命を失う。岩蔵を兄と慕う雪丸は、仇を討つ覚悟を決める。 本作は作者最後の新聞連載小...

評価: 4.0

読了日:2019/07/12

投稿日:2019/07/13

図書館本。上巻。 剣術道場の主で剣客の日影一念は臨終の床で、内弟子白根岩蔵と成子雪丸に秘伝の書を自分の棺におさめて埋めよと遺言する。しかし、岩蔵は遺言に背いて秘伝の書と共に出奔する。道場を継いだ雪丸は、岩蔵の行方を探し続ける。江戸に出た岩蔵は名を偽って剣術の腕を磨き、幸運に恵まれるが、嘘をつい...

評価: 4.0

読了日:2019/06/30

投稿日:2019/07/05

図書館本。 シリーズ第七弾。 この巻では、いつもは冷静な藤右衛門が自分の見世の者を九人も殺されて、キレてしまう。激怒する藤右衛門も、それをなだめようとする錬蔵も、守ろうとしているのは深川の安寧な暮らしである。だからこそ、藤右衛門は錬蔵の話には耳を傾けるし、譲歩もする。

評価: 4.0

読了日:2019/06/29

投稿日:2019/06/29

図書館本。 シリーズ第六弾。 旗本の次男(例によって馬鹿息子)に侮辱されていた浪人を見かけた北町奉行所の同心鷲津軍兵衛は、その浪人の機敏な動きと、どこからか加勢に現われた古傘買いの男の身のこなしに注目する。浪人はその後も馬鹿息子の襲撃に遭うが、奉行所の人間を避けるだけの理由があった。一方、北...

評価: 4.0

読了日:2019/06/23

投稿日:2019/06/24

図書館本。 深川鞘番所の新シリーズ第一弾。 旧シリーズは2012年に十巻で完結しており、2017年から新シリーズが始まったようである。まだ旧シリーズも読んでいる途中だが、錬蔵とお紋がどうなるのか気になって、先に読んでしまった。 仙台堀に同心の姿をした土左衛門が浮かぶ。北町奉行所の同心で...

評価: 4.0

読了日:2019/06/22

投稿日:2019/06/23

図書館本。 シリーズ第五弾。 北町奉行所同心加曾利孫四郎の下っ引の福次郎は捕物でしくじり落ち込んでいた時に、居酒屋で年上の酌婦お光と出会う。互いに惹かれ合うが、福次郎は下っ引であることを言いそびれ、お光も女賊から堅気になったことを隠している。そのお光を仲間に引き込もうとして、万治という男が近...

評価: 4.0

読了日:2019/06/21

投稿日:2019/06/22

図書館本。 シリーズ第六弾。 雨の日の夜、新大橋で黒覆面の武士たちに襲われている町娘二人を救った大滝錬蔵だが、それがある藩の御家騒動に巻き込まれる発端となる。 町娘と思われた二人は藩主の妹菊姫とその侍女で、叔父を頼って深川に逃げこんだものの行き場がなく、かくまってくれるよう錬蔵に頼み込む。...

評価: 4.0

読了日:2019/06/11

投稿日:2019/06/11

図書館本。 シリーズ第五弾。 嵐の翌朝、深川南端の浜に若い男の水死体が打ち上げられる。嵐のさなかに舟を出して難破したらしい。その遺体にとりすがる女を見つめる同心の溝口に、大滝錬蔵は不審を抱く。その頃、深川には南蛮渡来の禁制品が数多くばらまかれていることがわかる。抜け荷の探索を続ける錬蔵は、無...

評価: 4.0

読了日:2019/06/09

投稿日:2019/06/09

図書館本。 シリーズ第二弾。 大滝錬蔵が富岡八幡宮の境内で助けた女掏摸のお俊がすり取ったものは、奇妙な線がいくつも描かれた三枚の書き付けで、命を狙われることになったお俊を錬蔵は鞘番所内にかくまう。 同じ頃、手がかりを残さず火盗改めも手こずっている盗賊夜鴉の重吉を捕縛せよ、との命令が錬蔵に下...

  • 1~10件 (全368件)

Kiraさんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:Kira
本棚登録件数: 2215 冊
レビュー件数: 916 件

自己紹介:
読むのはBLが多いですが、ミステリや時代物なども読みます。
これまで読んだ本も読み返して登録していこうと思います。
買いたい本も買った本も増える一方ですが。

Kiraさんの本棚
マイ本棚をブログに設置