レビューの並び替え:
一覧へ
  • 65件目(全482件)
背徳の聖者たち

著者: 山藍紫姫子

出版社:フロンティアワークス (2006/10)

評価: 4.0

読了日: 2017/10/08

投稿日: 2017/10/12

再読。
「同害報復」組織タリオの美貌の幹部桜庭那臣は、執行者の龍星とルキヤを養子にしている。その桜庭に有力幹部の鷹司が執着している。ある任務に失敗した龍星とルキヤを失うのを恐れた桜庭は、組織に報告しないよう鷹司に頼むが、口止め料として肉体を要求される。

受けがいろいろされるのは定番で、桜庭が鷹司とそのクローンのドールに無体される。でも最後には鷹司が愛を告白するので、めでたく新しい関係が始まる。桜庭の過去は悲惨なようだが、他の作品に比べると全体的に明るい感じがする。


初読み 2016年7月16日


    Kiraさんの読書レビュー 「背徳の聖者たち」 | 読書ログ

    プロフィール
    ニックネーム:Kira
    本棚登録件数: 1184 冊
    レビュー件数: 482 件

    自己紹介:
    読むのはBLがほとんどですが、ミステリや時代物なども読みます。
    これまで読んだ本も読み返して登録していこうと思います。
    買いたい本も買った本も増える一方ですが。

    Kiraさんの本棚
    マイ本棚をブログに設置
    絞り込み
    絞り込みを解除: すべての本を表示
    ステータス:
    読み終わった本   読みたい本  
    読んでいる本  
    本の所有:
    持っている   持っていない  
    Kiraさんのタグ:
    人外   シリーズもの   時代もの   けなげ   ミステリ   児童書   SF   TL   短編集   学園   泣けた   陰陽師   古典読み物   コルセーア   バンダル   アクション   騎士   民話伝承   歴史もの   記憶喪失   魔界   ラブコメ   大阪弁   裏切り   ロマサス   古代   ヒストリカル