レビューの並び替え:
  • 1~7件 (全7件)
M_Hamさんの読書レビュー一覧

評価: 4.0

読了日:2014/11/22

投稿日:2014/11/23

いつも冷戦時代を舞台にしたスパイものばかり読んでいるので、この第一次大戦の時代の話は新鮮で楽しく読めた。ル・カレの緻密な感じとは違う、古き良きスパイ小説だった。

評価: 5.0

読了日:2014/11/19

投稿日:2014/11/19

西アフリカを中心に、ヨーロッパやアメリカにも飛び火している、今まさに"ホット"な状況にあるエボラ出血熱。そのエボラをめぐるノンフィクション。描写が凄まじく、かつわかりやすく、背筋が凍る思いで読み進めていったが、これがいまだに拡大しているのかと思うと衝撃だ。分量はあったが一気に読んでしまった。防護の考...

評価: 4.0

読了日:2014/11/06

投稿日:2014/11/07

自分のような初学者でも、それなりの理解を持って読み進めていくことができた気がする。このような思想家への理解を深めることによって、現代世界を冷静に、分析的に見ることができるようになり、自分の立ち位置というものがより明確になるのではないだろうか。

評価: 5.0

読了日:2014/10/07

投稿日:2014/10/16

愛溢れる日本酒本!

評価: 4.0

読了日:2014/09/13

投稿日:2014/09/14

現在進行している事象を読み解くために必要な「知性」を身につけるためにどのような読書が必要かという、佐藤優氏による指南書。レーニンの帝国主義論に関する部分が特に興味深かった。後半の電子書籍活用術は、Kindleユーザーとして大変参考になった。

評価: 4.0

読了日:2014/09/05

投稿日:2014/09/06

文章を書くにあたってのコツが短くまとめられているので、読みやすく参考にしやすい。

評価: 5.0

読了日:2014/07/21

投稿日:2014/07/23

東西冷戦時代におけるエスピオナージ。イギリス情報部のチャーリーは、かつてソ連の大物スパイを捕まえた事もある実力者であるが、組織のボスが変わってから疎まれれ追いやられる生活をしていた。そんな中、ソ連情報の重要人物が亡命をほのめかし…。 久しぶりにラストで「やられた!」となったスパイ小説。話も読みやす...

  • 1~7件 (全7件)

M_Hamさんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:M_Ham
本棚登録件数: 16 冊
レビュー件数: 7 件
M_Hamさんの本棚
マイ本棚をブログに設置
絞り込み
絞り込みを解除: すべての本を表示
ステータス:
読み終わった本  
本の所有:
持っている  
M_Hamさんのタグ:
チャーリー・マフィン   イギリス情報部   スパイ