レビューの並び替え:
  • 1~10件 (全35件)
MaNaSoさんの読書レビュー一覧

評価: 2.0

読了日:2017/09/11

投稿日:2017/09/13

北朝鮮のエリート階級に生まれたペクさんが、体力と知力と親のコネを最大限に生かして、中学生の頃から非行に走り、ヤクザと公務員の顔を使い分けて色んな悪い友達のヘマをフォローしてあげてたら、金正成がいきなり「ヤクザを排除するぞ!」って掃除を始めたので中国経由で韓国に逃げるって話です。 俺語り重視の小...

評価: 3.0

読了日:2017/09/04

投稿日:2017/09/13

杉山さんの講義はきっと、小話を交えて、退屈しなさそう。 内容的には前半が「なんで動物はある行動をするのかを説明するには、その結果が理由になっている」という「随伴性行動」について。後半はその応用。 例えば、眼鏡をかけるのはなぜでしょう。普通の答えは「目が悪いから」ですが、行動分析的には違います...

評価: 5.0

読了日:2017/09/01

投稿日:2017/09/13

佐藤春夫さんの少年期、青年期をモデルに、つまり虚構を混ぜつつ語っている本です。 豊富な情景描写と、戦争に日本が押し流され、空気が少しずつ変わっていくのが印象に残りました。語り口は軽いのですが前半の戦争ごっこの気楽さから一転して、青年期には「殺気」「炎上」「恐怖」という言葉も飛び出し、世の中全体...

評価: 2.0

読了日:2017/08/15

投稿日:2017/09/13

序文の段階で「日本人特有の間の感覚」というバズワードも飛び出して、信用できなくなりました。そもそも「9割」って数字はどっから来たのっていう。 「妖怪ウォッチは行動観察の賜物」と銘打ってあります。 確かに開発段階では行動観察を用いていたのでしょうが、コンセプトを練る段階ではどうだったのでしょう...

評価: 3.0

読了日:2017/02/14

投稿日:2017/02/14

のほほんとはしていない気もするけれど、大槻さんの正直な感想といった感じの軽く読める旅エッセイ。 インド編では日本人クルーに囲まれているせいか、日本を引きずっている感があります。鮭の稚魚がイクラを腹につけて泳ぎ回るのに似てるかも。現地で長期滞在をしている日本人カップルの話や、商魂たくましい少年少...

評価: 4.0

読了日:2017/02/12

投稿日:2017/02/12

この小説ほど「男女の世界の違い」を描いているものは、あまり読んだ事はないです。 主人公の浅井は、本気の浮気が二度ばれているのですが、その度妻の道子は週刊誌に煽られてどんどん扇情的になっていきます。そこに以前から通っていたバーの粋なホステス、マチ子が誘いをかけてくるのですが、これが妻とは対照的に...

評価: 3.0

読了日:2017/02/03

投稿日:2017/02/03

湊さんらしい、複数の語り手によって少しずつ「真相」が明らかになるお話です。 (個人的には、信玄餅を箸でつまんで、一面ずつきな粉をつけて形をはっきりさせていくイメージです。) 思春期の子供達、偏執的な人間、復讐に目のくらんだ人間、自己陶酔に忙しい人間、色々出てきてそれぞれ憶測もあり、それなりの...

評価: 3.0

読了日:2017/01/15

投稿日:2017/01/15

最近久々にあった人たちが立て続けにパートナー選びに失敗しているのを見て手に取った本。本人達は不幸になりたいなんて思っていないのに、ああいう明らかに地雷と分かる人に惹かれるのってなんなんだろう…。 この本には精神科医の春日さんが日常で出会った人々、病院で出会った患者さん、趣味で集めてる変わった事...

評価: 4.0

読了日:2017/01/12

投稿日:2017/01/12

掴みがバッチリな青春小説。 胎児の時から付き合わされて、いつの間にか主人公亜久間一人の「やっちゃいけないことをやりたくなっちゃう」衝動が分離して、その行動に注釈がつけられていくのを眺めているうちに話が展開していく感じです。主人公は根明人間ですが、自己完結型。しかも自分以外の人間からの注目にも乾いて...

評価: 3.0

読了日:2017/01/07

投稿日:2017/01/08

よりよい決断のメカニズムを例文、例題つきで解説してくれる本。 1人3役でディベートをすることで、自分にとっての最善案を見極めるためのメソッドを授業的に教えてくれます。なので所々、先生然とした物言いがあり、想定している読書層(大学生)より上の世代には受け入れにくいかもしれません。なのでそういうのが苦...

  • 1~10件 (全35件)

MaNaSoさんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:MaNaSo
本棚登録件数: 41 冊
レビュー件数: 35 件

自己紹介:
興味のある分野は言語、デザイン、社会学、生物学ですが、難しい事はわからないので学術書どまりです。
小説は、昭和〜2000年代のものを中心に読んでます。
漫画はちょっと昔感のあるものが好きです。

あまり読まない物はラノベ、自己啓発本、エッセイなど。

簡潔なレビューを目指してます。

MaNaSoさんの本棚
マイ本棚をブログに設置
絞り込み
絞り込みを解除: すべての本を表示
ステータス:
読み終わった本   読みたい本  
本の所有:
持っている   持っていない  
MaNaSoさんのタグ:
要再読