レビューの並び替え:
  • 1~10件 (全39件)
MaNaSoさんの読書レビュー一覧

評価: 5.0

読了日:2017/10/05

投稿日:2017/10/05

文体がガラガラ変わるのに度肝を抜かれたが最後、虜って感じの本。 「歴史的帳尻合わせなんか、別にいいじゃん伝われば。時代劇とかだって、本物じゃないですからね。」と、そういうことなんでしょうか? 「あー、いるいるそういう人」的な人間観察を交えてきたり、いきなりポエジー満開な台詞をはいたり、新興宗...

評価: 0.0

読了日:2017/10/03

投稿日:2017/10/03

びっくりするくらい陳腐だった! 初めて読んだ携帯小説で、驚いた。 秋元さんのことはおニャン子時代もAKBもあんまりよく知らないから、古本屋で見つけて買ったんだけど、内容、登場人物、表現力、どれをとってもいいところがない。 小説家になりたい人達、本を出すために日夜努力をしている人達に申し...

評価: 4.0

読了日:2017/10/03

投稿日:2017/10/03

才能があって押し出しも強い日本人離れした性格の青年が「ジャズとは何か、音楽とは」を探しにロシア経由でヨーロッパへ行き、そこで大人の階段登ったり、仲間を見つけたりして成長していく話。 RPGでたまにある、序盤でちょっと出てきた人が中盤からレギュラー扱いになったり、レギュラーだった人がパーティを離れた...

評価: 4.0

読了日:2017/09/17

投稿日:2017/10/03

高校の頃になんか好きで読んでいた武者小路実篤さん。 「劇作家としての才能はあるがコミュニケーション能力に難があり、その割にやたら自尊心が高い不細工目の男が、清らかで美しく、聡明な女の子に自分の価値観を当てはめて崇拝する」という、端から見ていて「うわー」って目を覆いたくなるのが90パーセントです。で...

評価: 2.0

読了日:2017/09/11

投稿日:2017/09/13

北朝鮮のエリート階級に生まれたペクさんが、体力と知力と親のコネを最大限に生かして、中学生の頃から非行に走り、ヤクザと公務員の顔を使い分けて色んな悪い友達のヘマをフォローしてあげてたら、金正成がいきなり「ヤクザを排除するぞ!」って掃除を始めたので中国経由で韓国に逃げるって話です。 俺語り重視の小...

評価: 3.0

読了日:2017/09/04

投稿日:2017/09/13

杉山さんの講義はきっと、小話を交えて、退屈しなさそう。 内容的には前半が「なんで動物はある行動をするのかを説明するには、その結果が理由になっている」という「随伴性行動」について。後半はその応用。 例えば、眼鏡をかけるのはなぜでしょう。普通の答えは「目が悪いから」ですが、行動分析的には違います...

評価: 5.0

読了日:2017/09/01

投稿日:2017/09/13

佐藤春夫さんの少年期、青年期をモデルに、つまり虚構を混ぜつつ語っている本です。 豊富な情景描写と、戦争に日本が押し流され、空気が少しずつ変わっていくのが印象に残りました。語り口は軽いのですが前半の戦争ごっこの気楽さから一転して、青年期には「殺気」「炎上」「恐怖」という言葉も飛び出し、世の中全体...

評価: 2.0

読了日:2017/08/15

投稿日:2017/09/13

序文の段階で「日本人特有の間の感覚」というバズワードも飛び出して、信用できなくなりました。そもそも「9割」って数字はどっから来たのっていう。 「妖怪ウォッチは行動観察の賜物」と銘打ってあります。 確かに開発段階では行動観察を用いていたのでしょうが、コンセプトを練る段階ではどうだったのでしょう...

評価: 3.0

読了日:2017/02/14

投稿日:2017/02/14

のほほんとはしていない気もするけれど、大槻さんの正直な感想といった感じの軽く読める旅エッセイ。 インド編では日本人クルーに囲まれているせいか、日本を引きずっている感があります。鮭の稚魚がイクラを腹につけて泳ぎ回るのに似てるかも。現地で長期滞在をしている日本人カップルの話や、商魂たくましい少年少...

評価: 4.0

読了日:2017/02/12

投稿日:2017/02/12

この小説ほど「男女の世界の違い」を描いているものは、あまり読んだ事はないです。 主人公の浅井は、本気の浮気が二度ばれているのですが、その度妻の道子は週刊誌に煽られてどんどん扇情的になっていきます。そこに以前から通っていたバーの粋なホステス、マチ子が誘いをかけてくるのですが、これが妻とは対照的に...

  • 1~10件 (全39件)

MaNaSoさんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:MaNaSo
本棚登録件数: 46 冊
レビュー件数: 39 件

自己紹介:
興味のある分野は言語、デザイン、社会学、生物学ですが、難しい事はわからないので学術書どまりです。
小説は、昭和〜2000年代のものを中心に読んでます。
漫画はちょっと昔感のあるものが好きです。

あまり読まない物はラノベ、自己啓発本、エッセイなど。

簡潔なレビューを目指してます。

MaNaSoさんの本棚
マイ本棚をブログに設置
絞り込み
絞り込みを解除: すべての本を表示
ステータス:
読み終わった本   読みたい本  
本の所有:
持っている   持っていない  
MaNaSoさんのタグ:
要再読