レビューの並び替え:
一覧へ
  • 6件目(全39件)
西南シルクロードは密林に消える

著者: 高野秀行

出版社:講談社 (2009/11)

評価: 5.0

読了日: 2019/06/11

投稿日: 2019/06/12

この本は著者の得な未知動物探しではなかったのですが、未知動物が出てこないのにこれまた面白かったです。

10年前の本とはいえ、ビルマ/ミャンマーのジャングルをゲリラと一緒に横断していくという、とんでもないことを当時のリアルな政治的背景などと共に、色々な種族/民族との交流を通して著者が見た現地について、ぎっしりと書かれています。
なので単に面白い(笑えるという意味)だけでなく、稀有な体験が書かれた貴重な資料とも言えると思います。

例によって途中何度も笑いこけながら読みました。
他の本も買い込んだので楽しみです。

こういう類の本にしては珍しく評価は5にしました。
上に書いた通り、面白い話というだけでなく、非常に貴重な内容が書かれた本です。


    Mikaさんの読書レビュー 「西南シルクロードは密林に消える」 | 読書ログ

    プロフィール
    ニックネーム:Mika
    本棚登録件数: 286 冊
    レビュー件数: 39 件

    自己紹介:
    ■南フランス在住

    ■飲食業、OL、手作り石鹸の講師、美容製品の会社経営などを経て、
    40歳を機に人生のヴァカンスに入り現在は主婦。

    ■子供の頃から読書好き。
    幼稚園から低学年までは宇宙、植物図鑑がお気に入り。
    中学年は何と言っても辞書!(笑)
    高学年からラノベ(藤本ひとみ)にのめり込み、
    中学時代はアメリカ文学、詩(ハイネ、バイロン、ランボーetc)、
    精神分析、心理学などの本を読み漁り、
    高校以降から少し読書のペースが落ちつつも、
    エッセイ、自己啓発、スピリチュアル系、環境問題関連を好んでいました。

    フランスに引っ越してからはなかなか日本語の本を買う機会が減り、
    手持ちのお気に入りを繰り返し読む程度でしたが
    2018年の春に電子書籍リーダーを購入してから読書熱が再燃!!

    色々な分野の本を読んでいますが、
    息子が経営・マネージメント・金融関係を専攻していることもあり、
    最近は今まであまり興味のなかったビジネス関連の書籍を多く読んでいます。

    また娘が量子物理学の研究者を目指しているので、
    昔から苦手だった理数系の本なども少し読むようになりました。

    マイ本棚には「読書ログ」登録時に一気に手持ちの電子書籍を(ほぼ)すべて入れましたが、
    レビューは基本的にサイト登録後に読んだ本しか書いていません。
    どんどん新しい本を買ってしまって読むのが追い付きませんが、
    マイペースで更新したいと思いますので宜しくお願い致します^ ^

    Mikaさんの本棚
    マイ本棚をブログに設置
    絞り込み
    絞り込みを解除: すべての本を表示
    ステータス:
    読みたい本   読み終わった本  
    本の所有:
    持っていない   持っている