レビューの並び替え:
一覧へ
  • 4件目(全240件)
100時間の夜 (文学の森)

著者: アンナ ウォルツ

評価: 4.0

読了日: 2019/11/08

投稿日: 2019/11/08

SNSは便利である同時に、人の心の自制心、忍耐心を崩し、暴走させてしまう恐れもある。

それをひしひしと感じさせられる一冊だ。

この本でグッときた一言がある:
「ハリケーンがあると、ろうそくや、ラジオや、固定電話が必要になるんだよ。うんとむかしの人のほうが、いまよりうまく生き残れるね!」

このセリフは、9歳の女の子の口を通して出てきたものだが、ひょっとしたらこの一冊が伝えたいことの集大成なのかもしれない。

現代社会の技術は、万能でスマートのようにみえるが、とてももろく、時には破壊力でさえ持つ。
インターネットは人々を繋ないでいるようで、実はそれ以上に人々の絆を残酷に引き裂いている。


    decoさんの読書レビュー 「100時間の夜 (文学の森)」 | 読書ログ

    プロフィール
    ニックネーム:deco
    本棚登録件数: 240 冊
    レビュー件数: 240 件

    自己紹介:
    多ジャンルの本を読み漁ります\(//∇//)\
    また、情報収集の為、発達障害関連書を集めていきます!

    ブログやってます→
    http://www.gifteddecoboko.com/

    decoさんの本棚
    マイ本棚をブログに設置
    絞り込み
    絞り込みを解除: すべての本を表示
    ステータス:
    読み終わった本  
    本の所有:
    持っていない   持っている