レビューの並び替え:
一覧へ
  • 3件目(全11件)
ジェノサイド

著者: 高野和明

出版社:角川グループパブリッシング (2011/02)

評価: 4.0

読了日: 2013/04/17

投稿日: 2013/04/17

新種人類がアフリカのピグミー族に生まれた。高度な知能を生かすか否か、その選択肢により人類の未来が決定される。さまざまな生き様をアメリカ(たぶんブッシュ元大統領がモデルかなあ?)と日本、そして韓国等の文化を反映した国際サイエンスミステリー。作者の方ってたくさんの資料に目を通すのね、読書中に省略して勉強した感じがしました。


    コメント

    > 読書中に省略して勉強した感じがしました。

    もの凄い勉強(取材)されているなぁと言う印象が有りましたね。

    確かに勉強になったかもです。

    2013/04/17 by ice

    私もこれを読んで、歴史や地理、人種差別やその他諸々
    初めて知る事が多かったです。

    2013/04/17 by アスラン

    この作品で「ジェノサイド」って言う言葉を覚えましたw

    2013/04/17 by makoto

    Nek-O-taさんの読書レビュー 「ジェノサイド」 | 読書ログ

    プロフィール
    ニックネーム:Nek-O-ta
    本棚登録件数: 473 冊
    レビュー件数: 11 件
    Nek-O-taさんの本棚
    マイ本棚をブログに設置
    絞り込み
    絞り込みを解除: すべての本を表示
    ステータス:
    読み終わった本   読みたい本  
    本の所有:
    持っていない   持っている