レビューの並び替え:
  • 1~10件 (全22件)
Oh_Tsujiさんの読書レビュー一覧

評価: 5.0

読了日:2017/09/14

投稿日:2017/09/19

半沢直樹シリーズはどれも1日で読了した記憶がある。それだけ面白い。 むかし子供の頃戦隊モノに憧れたように、半沢は今の私にとっても憧れのような存在だ。まっすぐ生きたいものである。

評価: 5.0

読了日:2017/09/12

投稿日:2017/09/19

この本はサラリーマンのバイブルとして、仕事場のデスクの上に飾っておきたいと思っている。 「人事が怖くてサラリーマンが務まるか」。このセリフはめっちゃ心に響いたいる。

評価: 5.0

読了日:2017/09/04

投稿日:2017/09/19

単純に、刑事ドラマとして面白い。イッキ読み間違いなしの小説で、ただただ夢中に読んでいた。 しかし、文庫本の最後の「解説」は正直いらなかった。 勝手に作者の意図を捻じ曲げようとしてる解説者に若干の苛立ちを感じてしまったのは私だけだろうか。

評価: 5.0

読了日:2017/08/30

投稿日:2017/09/04

下巻。土方歳三の、時代の波に翻弄されながらも強かに生きてそして散る様子が描かれている。 将軍に見捨てられ、ずっと慕ってきた近藤局長を失い、かつての仲間のほぼいなくなり、それでも我を貫き通す彼の姿には感動を覚えた。 この小説を読んでいると、脳内に銀魂のキャラクターたちが全く違和感なく脳内で...

評価: 5.0

読了日:2017/08/20

投稿日:2017/09/04

思えば初めて司馬遼太郎の本を読了したかもしれない。 中学生の時に龍馬がゆくを読もうとして挫折した時に以来か。。 控えめにいって、とても面白かった。舞台は幕末。主人公は新撰組副長土方歳三。 彼の不器用な、それでもどこか惹かれてしまう生涯に、自分の人生を重ねようとしてその差に虚しさを感じる自分...

評価: 4.0

読了日:2017/08/10

投稿日:2017/08/16

英語の勉強はこうしなさい、これをやってはいけない、と決めつけて話を進めるのではなく、過去の英語学習の達人達を例にあげながら、こうした方が効果的じゃないか?と読者に提案してくれる。 何か実践的なノウハウを学ぶというよりは、世の中にはこうやって英語を習得した人がいるのか、俺も頑張ろう!と意欲を掻き...

評価: 5.0

読了日:2017/08/03

投稿日:2017/08/06

湊かなえの本は「告白」を読んだことがあるが、あの話よりは幾分キレイな(?)内容だった。 話は初めはゆっくりと進む。だが、主人公が事件の核心に近づけば近づくほど、話の展開が早くなっていき、そして読者はストーリー置いてかれそうになる。まるで主人公が事件の核心を早く知りたいと焦っているかのようだった...

評価: 4.0

読了日:2017/07/28

投稿日:2017/08/06

この本は中学時代に読書感想文を書くために一度読んだことがある。 社会人になった今、急に読みたくなったので最近また本棚から引っ張り出して読んでみた。 簡単にこの本を説明すると、明治時代に日露戦争を想定した軍が、その準備の為に青森の冬山・八甲田山に研究行軍を実施した史実を語っている。その行軍途中...

評価: 4.0

読了日:2017/07/22

投稿日:2017/07/29

本のタイトルからプレゼンの方法論が書かれていると思いきや、そうではなかった。 ビジネスで圧倒的成功を遂げたプレゼンテーター達を取り上げ、彼らのプレゼンに共通する要素を考察している。 本書は一貫して「感情は論理を凌駕する」という哲学を掲げ、いかにして成功者達が人々の心に響くプレゼンテーショ...

評価: 5.0

読了日:2017/07/12

投稿日:2017/07/16

余命を宣告されたら、残りの時間を有意義に過ごして死を迎えるか、それとも奇跡を信じて延命治療や難手術に挑むか。 患者に対して、素直に死と向き合い苦しい治療を辞めるよう促す医者と、 反対にどんなに苦しくても病気と闘って生きることを薦める医者。 2人のぶつかり合いがこの難しい問いを更に難しく...

  • 1~10件 (全22件)

Oh_Tsujiさんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:Oh_Tsuji
本棚登録件数: 38 冊
レビュー件数: 22 件
Oh_Tsujiさんの本棚
マイ本棚をブログに設置
絞り込み
絞り込みを解除: すべての本を表示
ステータス:
読み終わった本  
本の所有:
持っている