レビューの並び替え:
  • 1~7件 (全7件)
PECOさんの読書レビュー一覧

評価: 4.0

読了日:2018/02/08

投稿日:2018/02/08

小さい庭の中の様子が細く描かれてて、庭の草花を見てるだけでもいい絵本です。

評価: 5.0

読了日:2018/02/08

投稿日:2018/02/08

歌人として有名な与謝野晶子が書いた童話です。仔犬達がかわいい!

評価: 5.0

読了日:2017/04/07

投稿日:2017/04/07

その場所に居るかの様に、 かぜのあたたかさ、 草花の香り、マールとおばあちゃんの笑い声、 甘いクッキーの香りに包まれた気分になる。 おばあちゃんが倒れたページからの空気の違いが凄い。 最初のページのマールとおばあちゃんの表情と、 最後のページの表情は別物だけど、同じココロの繋がりを感じら...

評価: 5.0

読了日:2016/02/16

投稿日:2016/02/19

もし、この身に奇跡が起きて永遠の自由を与えられたら、私には行ってみたいところが三つばかりある。という月舟町にある映画館の番犬?「ジャンゴ」の想いから始まる物語は、ゆるりゆるりと流れる時間の中で、まるで映画のワンシーンのような場面が「ジャンゴ」の解説でところどころに表れ、本を読んでいるのに映画を見てい...

評価: 5.0

読了日:2015/03/24

投稿日:2015/04/24

夏のはじめに、旅装のまま校舎のなかへはいってきた風変わりな人物は、紺野先生という臨時の理科教師である…から始まる「夏帽子」。すっかり大人になってしまい忘れてしまったあの頃が鮮やかによみがえり、ページをめくるたびあの頃見えていたものが目の前に広がり、聞こえていたものが透き通るように聞こえ、感じていたも...

評価: 3.0

読了日:2015/03/11

投稿日:2015/03/11

人生には終わりがあるという事を、つい忘れてしまう。 人は死と向き合うと、今まで見過ごしていたもの、見えなかったものが見えてきて、 それが一番大切なものなんだと、あらためて感じる事ができた。 最後に別々の物語の登場人物が登場し、嬉しいけど悲しく切ない。 「あとになって気づく、あとにならなければ...

評価: 4.0

読了日:2015/02/17

投稿日:2015/02/17

この本を読むと色々な辞書が読みたくなる。ページをめくりたくなる。もっと言葉を知りたくなる。そして自分は去り際に「わたしの生はこのうえなく充実したもの」と言えるだろうか? 考えさせられた。

  • 1~7件 (全7件)

PECOさんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:PECO
本棚登録件数: 160 冊
レビュー件数: 7 件
PECOさんの本棚
マイ本棚をブログに設置
絞り込み
絞り込みを解除: すべての本を表示
ステータス:
読み終わった本   読みたい本  
読んでいる本  
本の所有:
持っていない   持っている  
PECOさんのタグ:
欲しい本