レビューの並び替え:
一覧へ
  • 6件目(全69件)
ソロモンの歌

著者: MorrisonToni , 金田真澄

出版社:早川書房 (2009/07)

評価: 3.0

読了日: 2018/01/12

投稿日: 2018/01/13

アフリカン・アメリカンを代表するノーベル賞作家、トニ・モリスンの1977年の作品です。

ミルクマンと呼ばれる黒人の少年が、様々な人間とかかわり合いながら、自分のルーツを探して見つけていく物語です。

トニ・モリスンのデビュー作である「青い目が欲しい」では、虐げられ、その人種のしがらみから逃れられずに崩壊していく黒人の少女が描かれていましたが、「ソロモンの歌」では、同じように黒人という人種に運命づけられた閉塞した状況から抜け出て、一個の人間としてのアイデンティティを確立していく黒人の青年の成長していく姿が描かれています。 

同時にこの作品では、ミルクマンは自分のルーツを知ることが出来ましたが、しかしその"血"から逃れ得ないのだということも提示されるのです。
 曾祖父であるソロモンは妻であるライナを置いて飛んで去ってしまい、ライナは発狂しました。その曾孫であるミルクマンも元恋人であるヘイガーを捨ててしまい、ヘイガーは狂い、死んでしまうのです。

そして、最後にはミルクマンの一番の精神的支えであったろうパイロットも撃たれて?!最後を遂げます。
ミルクマンが、自分の命を狙っている大親友のギターに近づいていくシーンで終わりますが、おそらくその後ミルクマンはギターに殺される事はないでしょう。
ヘイガーやパイロットなど死んだ者の思いを、そして母や父や従姉妹のリーガたちを背負う宿命を果たすために生き延びるのです。


    Reo-1971さんの読書レビュー 「ソロモンの歌」 | 読書ログ

    プロフィール
    ニックネーム:Reo-1971
    本棚登録件数: 100 冊
    レビュー件数: 69 件

    自己紹介:
    ジャンルを問わずいろいろ読んでます
    面倒がらずなるべくレビューを書きたいとおもいます。

    Reo-1971さんの本棚
    マイ本棚をブログに設置
    絞り込み
    絞り込みを解除: すべての本を表示
    ステータス:
    読み終わった本   読みたい本  
    本の所有:
    持っていない   持っている