レビューの並び替え:
  • 1~10件 (全14件)
SAEさんの読書レビュー一覧

評価: 2.0

読了日:2015/10/02

投稿日:2015/10/10

なかなかインパクトのある屋号である。と思いきや…。” 誰でも買えるような酒やどこの家庭でも出てくるような料理で金を取るうちの店は、もうそれだけでぼったくり ”ということらしい。謙虚な姿勢で驚きます。毎日の食事の用意をしなければいけない主婦の私としては、疲れた体にサッと差し出される料理はどんなにご馳走...

評価: 3.0

読了日:2015/09/21

投稿日:2015/09/26

5人が5人、独自の解釈で作家さんご自身も楽しまれたのではないかと思います。少年探偵団なので、主に小林君その他の少年たちや怪人二十面相が登場するのですか、全体的に言うと、江戸川乱歩が書いていた頃より時代が少しずれているようだ。小林少年が青年か成人になっているような。また、二十面相もイメージが作家により...

評価: 3.0

読了日:2015/09/13

投稿日:2015/09/19

「闇と光の境目を歩いていく」と理瀬は若干16才でそう心に決めている。光を歩いていくのは、従兄弟の弟・亘。闇を歩いていくのは、従兄弟の兄・稔…そして婚約者であるヨハン。境目というのは、どういうことなのだろう。闇の代表として表舞台に立つということだろうか。「これは、シリーズを読まなければ」と思わせる上手...

評価: 3.0

読了日:2015/09/11

投稿日:2015/09/15

私は、魚の目が怖い。故に、お店でも求めるのは、常に切り身か開きである。それが、哺乳類の、切ったら赤い血が溢れ出す豚の解体など、それこそ私が死にそうである。 確かに食事をするという事は、それを誰かが行っているからであり、命を犠牲にしているという覚悟がない私たちは、食事の前の「いただきます」の意味を真...

評価: 3.0

読了日:2015/09/03

投稿日:2015/09/07

スッキリした勧善懲悪な内容で、「悪」の方は見かけや態度からすぐに推測でき、誰が読んでもわかりやすい。主人公・ロイの両親は、経済的にも社会的にも人間的にも優れているので、そこから崩れることもなく、安心して読み進められる。小学校高学年から中学生にオススメである。また、アメリカ・フロリダの環境問題や大人の...

評価: 2.0

読了日:2015/08/31

投稿日:2015/09/04

雨の中、動物園にある回転木馬に乗る妹のフィービーを見つめるホールデンがいる。誰もが濡れるのを避け、回転木馬の屋根の下に避難している中で、彼だけは外のベンチに座り妹を見守り続ける。その時の彼女の表情や態度は本には書かれていなかったけど、私はきっと静かに涙を流していたに違いないと思うのだ。 どしゃぶり...

評価: 3.0

読了日:2015/08/22

投稿日:2015/08/27

親のいない子供が、自由を勝ち取り自立するのに必要なモノ。自分自身が早く、大人になる事。しかし、子供の目から見ると、「大人」は子供を見下し、自分の都合で振り回す存在である。何故、大人は子供時代を経験しているのに、子供の気持ちに無頓着なのか。 もし、魔法のメリーゴーラウンドに乗ったら、大人になる、ある...

評価: 3.0

読了日:2015/08/19

投稿日:2015/08/22

警視庁には記者クラブなるものが、こんなに常駐しているものなのかと、ビックリ。ここ、神南署にも「神南署記者クラブ」があり、結構このクラブの存在がトラブルの元になっていたりする。先に情報を手に入れることは、現在社会において重要なことだろうが、しっかり真偽を見極める力を育てていかなければいけないだろう。(...

評価: 3.0

読了日:2015/08/17

投稿日:2015/08/20

前巻では、黒い暗雲が忍び寄ってくるような情報が。砂糖菓子の原料になる「銀砂糖」が無くなる…。この原因を国を上げて、必死で模索する職人たち。これは、気が遠くなるほどの時間と気力が必要になる。いくつもある工程の一つ一つを、丹念に条件を変えつつ検証していく。工房の派閥を越えた、凄まじい職人魂を見せられる思...

評価: 3.0

読了日:2015/08/15

投稿日:2015/08/18

『白魔の谷』に登場する「巨人ローキ」。ちょっと、気になるので調べてみると、北欧神話の神にも同じ名前がある。火神ロキはアース族と「巨人族」のハーフで、「小人族」に命じたり騙したりして神々の使うような魔法の道具・武器を作らせたり、また、「ヨーツンヘイム」の女巨人との間に子供をもうけたとある。この『白魔の...

  • 1~10件 (全14件)

SAEさんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:SAE
本棚登録件数: 46 冊
レビュー件数: 14 件

自己紹介:
SAE'S EASEというブログに、読書記録と神社仏閣廻りを主にアップしていましたが、ゴチャゴチャになってきたので、分けたいなと思っていました。どうなるのか、よくわかっていませんが、試しにこちらでも上げてみようと思います。よろしくお願いします。

SAEさんの本棚
マイ本棚をブログに設置
絞り込み
絞り込みを解除: すべての本を表示
ステータス:
読み終わった本   読みたい本  
本の所有:
持っていない   持っている