レビューの並び替え:
  • 1~10件 (全35件)
botanさんの読書レビュー一覧

評価: 5.0

読了日:2017/01/25

投稿日:2017/01/25

悪「童」日記とありますが、私はこれを主人公二人の「大人」の物語だと思いました。 主人公は双子の男の子。けれど、この少年ら、キレ者過ぎて、やんちゃな子どもの域を超えているどころか、 戦争でドンパチし、侵略をしに来る残忍なオトナや、 常識的な正しさを述べる司祭なども飛び越えて、 自分の正義を...

評価: 4.0

読了日:2017/01/25

投稿日:2017/01/25

だいすきなお二人が、お能など日本文化や日本人について語られている本です。 この本を読んで、お能が見たい!と思って、実際に観に行くことにしました! だって、すごい演者さんの舞は、「ジーパンはいてるような女の子」が感動で泣いてしまうのだと書かれていたらもう、気になるじゃないですか。 ということで...

評価: 4.0

読了日:2017/01/01

投稿日:2017/01/01

明けましておめでとうございます。 新年、ということで、短歌に関する一冊から 記録をつけたいと思います。 サラダ記念日で有名な、俵万智さんの著書。 枕詞って必要なの?とか、 どうやって歌は作られるの?とか、 短歌にまつわるハテナにあれこれ答えてくれる本です。 千年の歴史をもつ短歌...

評価: 4.0

読了日:2016/12/29

投稿日:2016/12/29

『レター教室』という題名ですが、「拝啓からはじめ、敬具で終わる」なんてことをおしえてくれる本ではありません。 五人の登場人物の書簡で構成される小説です。 キャラクターも名前からして個性的。 氷ママ子 山トビ夫 etc... 内容も、思惑が渦巻いたり、打ちのめしてやろうとしていたり。...

評価: 3.0

読了日:2016/12/15

投稿日:2016/12/15

血液型で性格が変わるのはホントウ?! 美しさは寄生虫に強い証?! 動物行動学者の竹内久美子さんのエッセイ。20年以上前の原稿らしいので科学データとしては古いのでしょうが、文章が面白いので読んじゃいました。 テレビで「ホンマでっかTV」という明石家さんまさんの番組がありますが、この本もお...

評価: 4.0

読了日:2016/11/21

投稿日:2016/11/21

テレビで「剣客商売」のドラマが放送されているらしく、久々に読み進めたくなりました。 池波先生の描く秋山小兵衛は、剣術のみならずリーダーとしても優れているように思います。下の者へのいつくしみだとか、的確な指示だとか、先手を打って出ることだとか、ビジネス書のようだなと思います。

評価: 3.0

読了日:2016/11/21

投稿日:2016/11/21

美術作品についているタイトル、不思議だなって思ったことはないですか。 作品はそのもの自体が完結したものではないのか、付随する文字を見てしまうと、一気に説明的で思惑的な次元におりてきてしまわないか……。 こうした戸惑いをもつ人は案外いるようで、本書冒頭にも書かれています。 この本は、美術...

評価: 4.0

読了日:2016/11/13

投稿日:2016/11/13

国語教師だったセンセイと、元生徒のツキコ。 年のはなれた男女の、慕情を丹念にえがく物語。 話すのは落ち着く。でも触れるのは、緊張。 好き。けど近づきすぎるのは、おそろしい。 ひとと付き合っていくのには、うっすらとした恐怖がつきまとう。膜を、やぶっていくような。 でもこうやって、ひと...

評価: 3.0

読了日:2016/11/12

投稿日:2016/11/12

芭蕉のアンソロジー本です。 授業で必要だったので読んだのですが、 ボリューム的に、ちょうど良かったです◎ 芭蕉といえば、有名な句がたくさんありますよね。  古池や蛙飛びこむ水の音  閑さや岩にしみ入る蝉の声 みなさんも一度は聞いたり、読んだりしたことのある句かと思います。...

評価: 4.0

読了日:2016/11/02

投稿日:2016/11/02

別の家庭のやさしさ、あたたかさに憧れるも、「玄関先のやもりのせいで」闇夜に逃げゆく「やもり」。 同棲していた女の浮気のせいで自殺しかけるも、救助され、自分の尿の飛沫をあび、素足で地べたを歩く「別離」。 そうした作品のなかで、強烈なインパクトだったのが「必殺するめ固め」。 これはやばいです。...

  • 1~10件 (全35件)

botanさんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:botan
本棚登録件数: 64 冊
レビュー件数: 35 件

自己紹介:
小説、実用書、漫画、新書いろいろ読みます(°▽°)
ただいま大学生。

好きな本…
安部公房『砂の女』
アゴタ・クリストフ『悪童日記』
川端康成『片腕』
遠藤周作『沈黙』
中沢新一『カイエソバージュ』シリーズ

botanさんの本棚
マイ本棚をブログに設置
絞り込み
絞り込みを解除: すべての本を表示
ステータス:
読み終わった本   読みたい本  
本の所有:
持っていない   持っている  
botanさんのタグ:
漫画   人生   小説   おもしろい   文学      生活   心理学   笑える   境遇   江戸   恋愛   ことば   俳句   短編集      美術   自然科学   生物   ビジネス   詩歌   言葉   俳諧   文化   戯曲   幻想的   SF   コミュニケーション   科学   短歌   会話      手紙      実用書   サスペンス