レビューの並び替え:
一覧へ
  • 2件目(全14件)
じゃじゃ馬グルーミン★UP! (1) (小学館文庫)

著者: ゆうき まさみ

評価: 評価なし

読了日: 2017/03/21

投稿日: 2017/03/21

機会があって、全巻読破。疲れた。


一応ラブコメに属するのかと思うけれど、丁寧に調べられた競馬のディテールが凄い。
ラブコメというジャンルは主人公とヒロインが結ばれると、話の推進力がなくなってしまい、ダレてしまったり、最終回になる。
しかしこの作品は馬産を生業とするある一族の家族の物語である。だから駿平と響が結ばれた後の物語もダレることなく続いていくし、むしろ恋人から家族になる過程が非常にドラマチックになる(話は逸れるが、少年誌だが結構生々しい夫婦描写が多いのは凄いなあと思った)。


ゆうきまさみといえばSFイメージが強かったが、ラブコメをしっかりモノにしているように感じた。
家族の物語に、馬産の生き物を扱うからこそ起こる悲喜こもごも。
たぶん、永遠に話を続けることが出来ると思うし、この家族をずっと見ていたい気持ちもあるが、キリがない訳だし、26巻は丁度いい長さなのかも。
名作といっても良いのでは。ゆうきまさみ先生、いつの日か気が乗ったら続編お願いします。


    れのおさんの読書レビュー 「じゃじゃ馬グルーミン★UP! (1) (小学館文庫)」 | 読書ログ

    プロフィール
    ニックネーム:れのお
    本棚登録件数: 14 冊
    レビュー件数: 14 件

    自己紹介:
    小説と漫画すきです!

    れのおさんの本棚
    マイ本棚をブログに設置
    絞り込み
    絞り込みを解除: すべての本を表示
    ステータス:
    読み終わった本  
    本の所有:
    持っている   持っていない