レビューの並び替え:
一覧へ
  • 1件目(全20件)
父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。

著者: ヤニス・バルファキス

評価: 3.0

読了日: 2019/09/11

投稿日: 2019/09/11

レビューとしては、全く役に立ちません。ごめんなさい。

経済についての自分の知識のなさ、理解力のなさを痛感した。
とっかかりは「おもしろい!!」と思った。なぜ、アボリジニは侵略され、逆の侵略する立場にならなかったのか・・・。
徐々に難しく感じられていきながらも、「なるほどー」「そうなのかー」と思うところも多々あった。
が、読み終わった頭の中は「?」だらけ。結局、「市場経済ってなんだか怖い」「やっぱり経済って複雑」という印象で・・・。
もう一度じっくり読んでみなければ、と思った。読んで損はない本だとは思う。


    URIKOさんの読書レビュー 「父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。」 | 読書ログ

    プロフィール
    ニックネーム:URIKO
    本棚登録件数: 20 冊
    レビュー件数: 20 件

    自己紹介:
    アウトプットが大事だと思い(物忘れもひどいため)、始めてみました。
    読書の時間も、レビューを書く時間もなかなかとれないけど、
    三行日記みたいなレビューでも良しとして続けてみようかな・・・

    URIKOさんの本棚
    マイ本棚をブログに設置
    絞り込み
    絞り込みを解除: すべての本を表示
    ステータス:
    読み終わった本  
    本の所有:
    持っている   持っていない