レビューの並び替え:
一覧へ
  • 3件目(全4件)
李白―巨大なる野放図

著者: 宇野 直人, 江原 正士

評価: 5.0

読了日: 2019/03/14

投稿日: 2019/03/14

漢詩なんて全く読めず、李白って名前だけは知っている、という程度の私が夢中になって読み進められた。
対話形式なので、肩肘張らずに気楽に読める。
『宣州謝朓楼餞別校書叔雲』の意味と作った経緯を知りたくて手に取った本だが、李白の人生と当時の社会情勢も知ることが出来て、下手な解説書を読むよりも深く理解することが出来た。


    ちまきさんの読書レビュー 「李白―巨大なる野放図」 | 読書ログ

    プロフィール
    ニックネーム:ちまき
    本棚登録件数: 4 冊
    レビュー件数: 4 件

    自己紹介:
    三国志と水滸伝が大好きな主婦。

    ちまきさんの本棚
    マイ本棚をブログに設置
    投稿月別
    すべて
    2019年03月 (4)
    絞り込み
    絞り込みを解除: すべての本を表示
    ステータス:
    読み終わった本  
    本の所有:
    持っていない   持っている  
    ちまきさんのタグ:
    道教   男色   恋愛   漢詩