レビューの並び替え:
  • 1~10件 (全272件)
アーチャーさんの読書レビュー一覧

評価: 4.0

読了日:2019/11/02

投稿日:2019/11/02

タイトルと表紙に惹かれてした本です。 まだまだ日本ではロリータ服は特殊なように思われてますが、本書を読むと主人公の着たい服がロリータ服だっただけであり、彼女が周囲の目を気にしながらも、自分の個性を認めてくれる同僚や仲間の影響でゆっくり自身を開放していく姿に感動できました。 これは面白かっ...

評価: 4.0

読了日:2019/11/01

投稿日:2019/11/01

竹書房文庫から新たに創刊された竹書房怪談文庫として発売された本書は実話怪談集で、著者は女流怪談師のなかでも、語り口が特に独特であり、怖さだけではなく、話の奥深さをを感じさせるのが一番うまいと思う牛抱せん夏さん。 世の中には不可解な出来事はたくさんあるけど、実話怪談の多くはその出来事の起因となっ...

評価: 3.0

読了日:2019/10/28

投稿日:2019/10/29

ブックオフの棚に並べられていた本書の表紙に惹かれて購入。 本作は青春映画の佳作とも評されている映画化作品の原作で、主演のロビー・ベンソンとグリニス・オコナーは日本でもちょっと人気がありました。 ぼくも数年前に映画を先に鑑賞しましたが、本書を読むと語りべのジェレミーのスーザンに対する思いが...

評価: 3.0

読了日:2019/10/20

投稿日:2019/10/20

ポケミスの伝統でもある二段に分けてなくてこの薄さなのでスラスラ読める。 レオナルド・ディカプリオ主演で映画化も決定してるらしく(ほんまかな)是非とも映像でいまいち分かりにくかったラストを確認したい。 20章で終わっていたら、本書はなかなかの作品になっていたと思います。 それから早川...

評価: 3.0

読了日:2019/10/20

投稿日:2019/10/23

元刑事の私立探偵ホッジスが主人公のシリーズ2作目。前作「ミスター・メルセデス」はかなり好評だったようで、アメリカのエドガー賞まで受賞した。 ホラーの帝王と呼ばれるスティーヴン・キングだが、本作はそういった描写はほぼなく(自作でくつがえるかもね?)、犯罪サスペンスの展開が貫かれています。 ...

評価: 3.0

読了日:2019/10/19

投稿日:2019/10/20

表題作他全10作を収めた女流推理作である二木悦子の初期短編集。 一番古い作品で1957年ということもあり、物語に登場する言葉の意味がよく分からず(トッパーなど)さすがに時代を感じたが、二時間サスペンスならぬ、一時間サスペンス(昔はあったんですよ)を見るような感覚で結構楽しんで読めた。 作...

評価: 3.0

読了日:2019/10/16

投稿日:2019/10/23

竹書房文庫はホラーや実話怪談を中心にした作品集が多く刊行されている。本書も”都市伝説”系の一冊ではあるけど、日本ではなくアメリカ各州の都市伝説を紹介しているのが興味深い。 なので、いろんな都市伝説が次々と読めるし、本書を豆知識として読んで、いろんな人に”〇〇にはこんなことがあるんだって”などと...

評価: 3.0

読了日:2019/10/04

投稿日:2019/10/05

早速、浦沢直樹氏の作品らしい物語の飛躍と謎の広がりがとんでもない2巻目だが、どうまとめていくのが心配しながらも面白く読めるのは確かです。 1巻目を読んだ時にも書いたけど、前作を途中挫折してしまったのを多少公開しているので「あさドラ」は最後まで(なんとか)お付き合いしたいと思っております。

評価: 5.0

読了日:2019/09/25

投稿日:2019/10/05

表題作他全9作を収録したSF短編集。 眉村卓氏氏はジュブナイル作品の名作もたくさんあるが、本書はその意味では主人公や描かれたテーマがそれらと違ったもので、かなりの読みごたえがある。 「あの真珠色の朝を」のやり場のない怖さと静けさが同居した佳作をはじめ、じわじわと恐怖が増す「教えてくれ」や...

評価: 3.0

読了日:2019/09/16

投稿日:2019/09/18

たまたま寄ったBOOKOFFで1巻から数巻が揃っていたローダン・シリーズを購入したのを契機に読み続けているけど、途中数か月も読まなかった時期もあったが、本書を読んでる間にシリーズはとうとう600冊目が発売された。 新刊発売と購入、そして読了が重なる日なんて来るのか?という疑問を抱きながらも、私...

  • 1~10件 (全272件)

アーチャーさんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:アーチャー
本棚登録件数: 283 冊
レビュー件数: 272 件

自己紹介:
不具合の多かった別の読書サイトから、こちらのサイトに引っ越して来ました。

過去に読んだ本を思い出すまま、そして自分にとってはそれほどだった本なども含めて、レビューを読んでくださった人の読書のお役にたつかもしれませんので、読み終えた本はなるべくレビューを書く予定でいます。

どうぞ末長くよろしくお願いいたします。

アーチャーさんの本棚
マイ本棚をブログに設置
絞り込み
絞り込みを解除: すべての本を表示
ステータス:
読み終わった本   読みたい本  
本の所有:
持っていない   持っている