レビューの並び替え:
  • 1~10件 (全54件)
ashitaさんの読書レビュー一覧

評価: 2.0

読了日:2017/05/27

投稿日:2017/05/28

思わず購入。 確かに文庫本を数分で読めたらどんなにいいことか。 勉強もはかどるだろうし、人生が変わりそう。 飛ばし読みではない、きっちりしたトレーニングが論理的で納得。 ただ、一日2時間を80日、というのが厳しいなあ。 まあ、それだけしないとそんな能力身につかないよなあ、という葛藤。 ...

評価: 4.0

読了日:2017/05/25

投稿日:2017/05/28

ちょっとした時間を使って、というのがありがたい。 とにかく常に意識をすることが大切なのだな、と思った。 長年メガネ生活なので、これがなければ……と思うことが多々ある。 とにかく「良くなる!」と信じてこつこつ初めてみます。

評価: 5.0

読了日:2017/05/18

投稿日:2017/05/20

薫の、匂宮の、大君の、中の君の物語。 これまではどうしても光源氏の姿を払いきれなくて、「続き」としてしか読めていなかったような気がする。 これは、源氏の後の物語ではない。 彼らの時代の彼ら自身の物語なのだ。 やはり荻原さんはすごい。 この宇治の物語に出会えたのは本当に嬉しい。

評価: 5.0

読了日:2017/05/17

投稿日:2017/05/20

やっぱり古典いいなあ。 この時代がいちばん好き。 馴染み深い竹取を振り返る。 ここから物語は始まった。 伊勢はぽつりぽつりと歌とともに流れるテンポがじんわり来る。 恋の段だけでなく、人の人生に触れる段もたまらない。 堤中納言は初。こんな感じだったのか!という新鮮さ。 伊勢の...

評価: 4.0

読了日:2017/05/04

投稿日:2017/05/04

救いを求め、彼らは生きる。 信じたくて、でも疑いを拭いきれないまま、地上であがく姿に胸打たれる。 神とは何者なのだろう。 私たちは信仰にどう向き合えばいいのだろう。 その一つの形を提示してくれる。 島本さんの小説に感じる、ふっとした一行、一言の重みがじんわりと沁みわたる。

評価: 3.0

読了日:2017/05/02

投稿日:2017/05/03

読んでみたかった古典ナンバーワン! 女でありながら男として生きていた春風が何よりも魅力的。 この物語は男女入れ換わりがテーマではあるけれど、主役はあくまでも女性。 男社会だからではなく、自分の力を存分に発揮できる場だから輝き、去りがたく思う。 困難な状況下でも、夏雲さえ利用して、さば...

評価: 3.0

読了日:2017/05/01

投稿日:2017/05/01

ちくり、と来る。 教育論とともに、ちょっと問題ある子どもたちの登場。 自分にも彼らと共通するようなダメな点があって、一概には責めきれない。 でも、そんな彼らも成長する。 夕士との出会いで成長する。 これまでは妖怪や大人たちとの出会いの中で成長する夕士が描かれえいたが、夕士が誰かを成...

評価: 3.0

読了日:2017/04/23

投稿日:2017/04/23

宣能の為、初草の為、姉の為、いつも頑張っているのになかなか報われない宗孝が微笑ましい。 応援したくなる笑 中将方々のじゃれ合い?も面白い。 一方面白さだけではなく、父・右大臣に悩まされる人としての宣能や初草の姿もまた印象的。 春若君の恋の行方も含めた、政治の世界もどう展開していくのか...

評価: 4.0

読了日:2017/04/20

投稿日:2017/04/20

別行動……のはずが結局同じ怪異というか事件に関わってしまう宣能と宗孝の縁深さ。 別行動だからこそ、今回は宣能がアグレッシブに、宗孝がじっとする展開なのが面白く、印象的。 また新たな姉の登場もあり、春若とのコメディのようなやり取りがたまらない。 二人の今後も、初草の運命もどうなることかと益々...

評価: 4.0

読了日:2017/04/20

投稿日:2017/04/20

二回読むとじわじわいいな、と染み渡ってくる。 紫の上の人生録として、味わい深い。 源氏物語はやはり長い。だから多くの登場人物が入り組み、時系列が分からなくなってしまうこともある。 このスピード訳においては本当に驚くほど紫の上を追って、紫の上の人生を辿ることができ、彼の女性の素晴らしさや哀し...

  • 1~10件 (全54件)

ashitaさんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:ashita
本棚登録件数: 54 冊
レビュー件数: 54 件

自己紹介:
2017年1月~。
好きなジャンル:日本古典、ファンタジー
好きな作家さん:荻原規子さん、湊かなえさん、島本理生さん
愛読書:星の王子さま

ashitaさんの本棚
マイ本棚をブログに設置
絞り込み
絞り込みを解除: すべての本を表示
ステータス:
読み終わった本  
本の所有:
持っていない   持っている