• 1~10件 (全16件)
atsushiさんの読書レビュー一覧

評価: 5.0

読了日:2014/01/22

投稿日:2014/01/22

心優しい鬼の物語。 人間と仲良くなりたい赤鬼のために、自分が悪者になってあげる青鬼。 青鬼の友情と思いやりと、自己犠牲にほろりとした気持ちになる。 これは童話だけれど、古くから伝わる民話の中に、鬼が仲良く村の子どもと遊んだり、わりと親切にしてくれるという話がしばしば残っている。 熊本...

評価: 5.0

読了日:2014/01/22

投稿日:2014/01/22

南北朝の騒乱を描いた『太平記』を上中下の三巻本で漫画化してあり、とても面白かった。 読んでの感想は、阿野廉子が単なる悪女というより、あの時代ではある意味すごい意志と個性の強いバイタリティのある女性だったんだろうなぁということと、新田義貞の哀れさである。 なんとなく、阿野廉子はただただ悪女と思...

評価: 5.0

読了日:2014/01/20

投稿日:2014/01/20

私が小さい頃、『牧場の少女カトリ』というアニメが世界名作劇場であっていた。 なんとなく覚えているのだが、さっぱりストーリーが思い出せない。 というわけで、その原作のこの本を探して読んでみた。 読み終わった感想は、とても良い作品なのだけれど、この作品をなんと言えばいいのだろう。 最後まで読...

評価: 5.0

読了日:2014/01/15

投稿日:2014/01/15

大平光代さんと、浄土真宗のお坊さんの石川智康さんの対談と、石川さんの詩が収録された本。 読んでいると、ほっとするような、また日頃忘れがちな大切なことを思い出させてくれる、良い一冊だった。

評価: 5.0

読了日:2014/01/14

投稿日:2014/01/14

私が小さい頃、世界名作劇場のアニメで『わたしのアンネット』という作品があっていた。 世界名作劇場は、通常は『小公子』や『小公女』のような模範的な子どもが主人公であることが多いのに、この作品の主人公のアンネットは非常に性格が悪く、ルシエンという男の子を憎悪し続けていたのが幼心にも印象的だった。 ...

評価: 4.0

読了日:2014/01/13

投稿日:2014/01/13

年末、大掃除をしていたら本棚から出てきたので、今度親戚の子にあげようと思って読み直してみた。 なにせ三十年ぐらい前の、私が小学校にあがる前ぐらいに読んだ本なので、冥王星が惑星に入っていたり、世界の人口が三十億と言われているところはさすがに時代を感じさせるが、大体は今もあまり変わってない、宇宙の...

評価: 5.0

読了日:2014/01/11

投稿日:2014/01/11

私が小さい頃、『小公女セーラ』のアニメがあっていた。 裕福な家の少女・セーラが、ある日を境にお父さんも財産も一切を失い、寄宿していた学校で召使としてこき使われるが、明るく健気に生き、最後はお父さんの親友が見つけてくれてハッピーエンド、という物語は誰もがよく知っていることだろう。 テーマソングはよ...

評価: 4.0

読了日:2014/01/07

投稿日:2014/01/07

小林よしのりさんは、とかく毀誉褒貶のある人物である。 ただ、面白いのは、単純な左右や保守・リベラルのステレオタイプな枠におさまりきらないところだと思う。 この本で、明確に原発を批判し、「原発は嘘と利権と危険物質でできている」とまで言い切っている。 そして、原発推進擁護の「自称保守」の人...

評価: 5.0

読了日:2014/01/06

投稿日:2014/01/06

四つの事故調報告書をわかりやすく解説し、重要な論点を整理してある。 とても良い本だった。 各種事故調は、私も部分的には以前からネット上の議論で必要に迫られて読んだりはしてきたが、なかなかその全体像を全部よく整理して把握することはできていなかった。 なので、とてもためになった。 本書は...

評価: 5.0

読了日:2014/01/04

投稿日:2014/01/04

アダムとイブの「失楽園」の物語は、「人間の堕罪物語」ではなくて、実は「人間の出現物語」である。 という、独自の視点からアダムとイブの物語や、その他の旧約の物語を解釈している、とても面白い本だった。 間違いは無価値の象徴ではなく、学びの経験であり、神の愛をより学ぶことにつながる。 神...

  • 1~10件 (全16件)

atsushiさんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:atsushi
本棚登録件数: 1129 冊
レビュー件数: 1121 件

自己紹介:
読書が趣味です。このサイトに、大勢の読書好きの方が集まって、活発に交流している姿にとても刺激を受けています。どうぞよろしくお願いします^^

atsushiさんの本棚
マイ本棚をブログに設置