レビューの並び替え:
一覧へ
  • 23件目(全704件)
日の名残り

著者: 土屋政雄 , カズオ・イシグロ

出版社:早川書房 (2001/05)

評価: 5.0

読了日: 2017/10/12

投稿日: 2017/10/12

どこかの大統領が「Make Ame.... Great Again」 って言ってたけど、「Great 偉大な」とはどういう事を言うのだろう。他国の当主を”チビの・・・マン”などと罵るのは偉大だから?自国の利益しか考えないビジネスマンのふるまいは偉大?

「美しい国へ」とか言ってた総理もいたけど、「美しい」ってどういうこと?批判をされて声を荒げたりヤジを返すのが美しい国をめざす人のふるまい?二重国籍を許さず(イシグロさんは日本国籍を手放している)、在日外国人を排斥(ヘイト)する日本は美しい国?

偉大な執事とは”何”か。
偉大な執事とは、「品格」があるということ。感情によって行動しない。”自分”を前面に出さない、控えめな誠実さがある。

美しい景色には、あたたかくやさしい人がいる。

真面目で冗談が苦手なイギリス的紳士の執事(冗談や洒落で人を傷つける危険性を考えてしまう)が、アメリカ人の主人のジョークにとまどったり、うまく返せるようになりたいと努力する姿は微笑ましい。

イギリスの美しい景色と、品格について語る執事の言葉に、現代の日本を考えさせられる。

美しいとは。品格とは。偉大なとは。
イギリスの紳士淑女。偉大な執事。
武士道と騎士道。偉大な師との師弟関係や偉大な主人との主従関係。
武道、弓道、合気道、茶道、華道、書道など日本の”道”の心と通じるものがあるね。仏道とも。

今の日本にも、いくらかでも残っているだろうか。
偉大な、品格のある指導者や主人。
いないなら、自分が自分の主人になるしかないんだなあ・・・。

品格を身につけたいものです。

今回の選挙では、政治家として、人間としての「品格」をもつ人を選びたいのだが・・・。

出家が無理なら、執事もいいかも、などとちょっと思ってしまった。執事って、人間ができた人(ジョークが上手ならもっといい?^^)が多いよね。
「わたしを離さないで」とは違ったよさがある。とてもいい作品でした。


    コメント

    イシグロさんがノーベル文学賞受賞したニュースが流れた時に、叔母からこの映画がとっても良いから観てみてとメールが来ました。本を読んでから映画観たいなーと思っていたのですが、本も良さそうですね^^

    2017/10/13 by chao

    映画にもなってるのですね。映画も観てみたいな~。^^

    2017/10/13 by バカボン

    バカボンさんの読書レビュー 「日の名残り」 | 読書ログ

    プロフィール
    ニックネーム:バカボン
    本棚登録件数: 724 冊
    レビュー件数: 704 件

    自己紹介:
    読書は人生の栄養ドリンクみたいなもの。
    元気になれる本をいっぱい読んでいきたいと思っています。
    みなさんのレビューやコメントを参考にして、いい本を見つけたり、色々な考え方にふれたりしていきたいです。
    よろしくお願いします。

    バカボンさんの本棚
    マイ本棚をブログに設置
    絞り込み
    絞り込みを解除: すべての本を表示
    ステータス:
    読み終わった本   読みたい本  
    読んでいる本  
    本の所有:
    持っていない   持っている  
    バカボンさんのタグ:
    エッセイ   笑える   新書   仏教   まんが   ファンタジー   児童文学   ねこ   英語学習   社会   環境問題   囲碁   かわいい   教育   心理学   歴史   妖怪   お絵かき   農業   短篇集   ホラー   ミステリー   父親   ホームレス   詐欺師   詩集   気持ちいい      新興宗教   少年   美術   読みかけ   ですな