レビューの並び替え:
一覧へ
  • 5件目(全86件)
リーン開発の現場

著者: KnibergHenrik , 藤原大 , 市谷聡啓 , 角谷信太郎 , オーム社

出版社:オーム社 (2013/10)

評価: 5.0

読了日: 2013/11/04

投稿日: 2013/11/04

アジャイル開発の考え方に共感し、まずはスクラムをやってみて
より自分たちのチームに最適な方法へ改善して行きたいと思った。
その時にちょうど出会ったのがこの本。

ソフトウェア開発から生まれたアジャイルと、製造業から生まれたリーン。
全く異なる分野から生まれた手法なのに、似たような価値を持つ。その点がとても興味深い。
ソフトウェア開発にしろ製造業にしろ、何かを作るということに変わりはないわけで、そこには同じような問題があって、同じように解決する方法を模索する人たちがいるのかもしれない、と感じた。

本書の第一章は、実際のプロジェクトで著者が学んだことがベースになっている。
ここで出てくるカンバンは、プロジェクトの可視化をボード1枚で実現している、素晴らしいものだと思う。
これは試行錯誤の上、改善を重ねてたどり着いた型なのだろう。
こんなボードはアナログボードでないと実現できない。
デジタルの方が管理が楽だと思っていたが、アナログのメリットも無視できないことを感じた。
単純なチケット(付箋)管理だけでなく、コミュニケーションの場としても使えるのが素晴らしい。

第二章では、スクラムやXPとの比較や、テスト自動化、プランニングポーカーなど、アジャイル全般の話となる。
この辺はアジャイルサムライなどで学んだことでもあるので、特別目新しい情報ではない。
ただ、スクラム、リーン、XPそれぞれの特徴を並べて見ることができるのはいいと思った。
どれかを選ぶのではない、こういった誰かのやり方を参考に、自分たちのやり方を作っていくことが大事だ。

まずはアナログのカンバンを使ってみようと思う。
ようやくメンバーがTODO/Doing/Doneのシンプルなデジタルカンバンに慣れてきたところで、いきなり変えるのはリスクもあるので、まずは1人アナログから。


    コメント

    > ようやくメンバーがTODO/Doing/Doneのシンプルなデジタルカンバンに慣れてきたところで、いきなり変えるのはリスクもあるので、まずは1人アナログから。

    素晴らしい♪

    どんなに魅力的な手法でも取り入れ方を誤ると弊害の方が大きくなりがち。

    まずは自分で始めてみて、エッセンスを段階的に導入していくアプローチは正解だと思います。

    2013/11/05 by ice

    ☆5ですね、うむむ、読んでみたいです。
    読みたい技術書も溜まっているので、年末年始とかに集中して読もうかなぁ。。

    2013/11/05 by chao

    bambiさんのこの本を読んだワクワク感のようなものが伝わってきました!少しずつ新しいものを取り入れてより良いやり方を見つけていくのは楽しいですよね。

    2013/11/05 by gavin

    リンリンリリン
    リンリリン「リーン」♪

    学園天国w

    2013/11/05 by makoto

    話題の書籍ですね。カンバン方式はあまり好きでは無いのですが気になる書籍です

    2013/11/05 by ybook

    GTDって一時期流行りましたよね。

    2013/11/05 by suppaiman

    レビューありがとうございます!

    2013/12/08 by daipresent

    bambiさんの読書レビュー 「リーン開発の現場」 | 読書ログ

    プロフィール
    ニックネーム:bambi
    本棚登録件数: 163 冊
    レビュー件数: 87 件

    自己紹介:
    小説もマンガもよく読みます。
    特に秋になると無性に本読みたくなるタイプ。

    bambiさんの本棚
    マイ本棚をブログに設置
    絞り込み
    絞り込みを解除: すべての本を表示
    ステータス:
    読み終わった本   読みたい本  
    本の所有:
    持っていない   持っている  
    bambiさんのタグ:
    高校生   ラブコメ   青春   ホラー   ミステリー   自衛隊   お気に入り   エッセイ   中学生   起業   短編集   殺し屋   ホルモン   oracle   江ノ島   映画化   大学生   ジャンプ   あるあるネタ   明治時代   愛媛   鴨川   野球   幼馴染   料理   仙台   SF