レビューの並び替え:
  • 1~10件 (全125件)
キトー戦士さんの読書レビュー一覧

評価: 3.0

読了日:2019/04/22

投稿日:2019/04/22

もっとマルクスに関する説明や考察がたくさんあるのかと思いきやほとんどが青春時代の想い出や神学論に終始してたように思う。 梯子を外された感はあるけど内容自体は読み応えがあった。 神学論の下りに関しては、相変わらず自分には難解だったかな。

評価: 2.0

読了日:2019/04/16

投稿日:2019/04/16

心に深い傷や哀しみを持った人特有の浮世離れした雰囲気が文章に漂っていてまだそこまでは行っていない自分にはピンとこなかった。 著者の場合、やはり息子か・・・。 今回は共感するところが少なかったけど10年後読み返したら全く違う印象かも、と思わせる一冊。

評価: 3.0

読了日:2019/04/16

投稿日:2019/04/16

誰もが何らかの発達障害の傾向を持っていて、それが周りに同調できないレベルだと異常とみなされる、というのは新たな発見。 ギリギリ正常とみなされるグレーゾーンの人達は結構多いと思う。

評価: 4.0

読了日:2019/04/12

投稿日:2019/04/12

神学に関する考察や記述の下りは正直自分には難解だったけど、以前から知りたかった佐藤氏が外交官を志す経緯が分かって良かった。 それにしても佐藤氏は濃密な大学生活を送ったんだな。 それと酒の飲み方が当時からすごい大人。 一流作家の条件として飲み物、食べ物の模写がうまい事を自分は勝手に挙げてるけど佐...

評価: 3.0

読了日:2019/04/05

投稿日:2019/04/05

とにかく自分には世界観がきれい過ぎてその部分に関しては最後まで馴染めないでいた。 でも後半、特に最終章は正直激しく心揺さぶられた。 この小説を読んで痛切に思ったこと、それは自分は絶対キリスト教徒にはなれないということかな。 右の頬を殴られたら相手の頭蓋骨が陥没するほど殴り返してやるのが生きてく...

評価: 3.0

読了日:2019/04/03

投稿日:2019/04/03

興味があるとはいえ買っては絶対読まないだろうなと思い図書館で借りてきた。 サッポロビール園、富岡製糸場、長崎の赤煉瓦教会群は近い将来是非訪れたい。

評価: 3.0

読了日:2019/03/27

投稿日:2019/03/27

いつものように新聞の延長線上で池上さんの本を読む。 知ってる内容も多々あったが復習も込めていい勉強になった。

評価: 4.0

読了日:2019/03/24

投稿日:2019/03/24

『15の夏』以前の佐藤少年の自伝的物語。 佐藤氏の文章ってすごく瑞々しい。 つい物語の世界に引き込まれてしまう。 300ページ以上の長編だけど短く感じた。 一生読んでいたい。 それにしても佐藤少年の両親は立派すぎる。 本当に羨ましい。

評価: 2.0

読了日:2019/03/19

投稿日:2019/03/19

多分本人は意識していないだろうと思うけど冒頭から随所見られるセレブ感が最後までどうも馴染めなかった。 内容も読んで特に共感することも無ければ感化されることもなかった。 「この程度の世界観なの?」というのが正直なところ。 石原裕次郎の酒の武勇伝だけかな、面白かったのは。

評価: 3.0

読了日:2019/03/13

投稿日:2019/03/13

ジム・ロジャーズの投資活動に対するアナザーストーリー的な本。 彼のファンなら興味深い内容だけれど、具体的な投資内容に関する記述が少ないことからそうでない人にはさほど面白くないと思う。 それにしても政府高官や政治家に対する個人的な批判にページを割きすぎ。しかも恨みつらみでかなり執念を感じた。2~3...

  • 1~10件 (全125件)

キトー戦士さんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:キトー戦士
本棚登録件数: 125 冊
レビュー件数: 125 件

自己紹介:
JUNK、中でも『不毛な 議論』のヘビーリスナーです。録音して週に2回は聴いています。 最近話す内容がゲスく なってきました・・・。

キトー戦士さんの本棚
マイ本棚をブログに設置
絞り込み
絞り込みを解除: すべての本を表示
ステータス:
読み終わった本  
本の所有:
持っていない   持っている