レビューの並び替え:
  • 1~10件 (全16件)
belamiさんの読書レビュー一覧

評価: 4.0

読了日:2017/11/19

投稿日:2017/11/19

刺激的な書名は著者のつけたものでは無いそうで、内容とは少し差を感じましたが、死因特定のための解剖から現代社会がよく見え、興味深い内容でした。

評価: 5.0

読了日:2017/10/28

投稿日:2017/10/28

やはり図書館で借りた本ですが、教訓のために買おうと思います。 歴史の授業で習って、そういう事実があったことは知っていた朝鮮人大虐殺。本書の良いところは学問や歴史としてではなく、現地に遭遇したかのようなリアリティをもたせて人として事件を捉えているところだと思います。実際、読んでいて臨場感があった。 ...

評価: 5.0

読了日:2017/10/18

投稿日:2017/10/18

疑問に思ってたことはこれかもしれないと思い、新たな発見だったので最高点にしました。 「ヒトは多数派に同調する」-自分が正しいと思っていたことが少数派だとわかると、その集団から逸脱して排除されることを恐れる心理から多数派の意見が正しいような気がしてくる。選挙で優勢が報じられた政党に一気に票が流れる...

評価: 2.0

読了日:2017/10/18

投稿日:2017/10/18

1952年に書かれた本書は、ワクワクする展開で止められない21世紀のミステリに比べると退屈でした。でも老司祭の「怒りを警戒せよ。怒りは体にとってアルコールのように感覚を麻痺させる」という言葉は私にも響きました。

評価: 3.0

読了日:2017/10/11

投稿日:2017/10/11

先日「英語の帝国」で読んだ、イングランド人がスコットランドに英語を押し付けようとした当時はスコットランドではハイランドとローランドで別の言語が話され、お互い別の国とみなして軽蔑しあっていた旨の記述により、スコットランドに興味を持って読んでみました。 美しい街並みと自然が素敵でいつか行ってみたいと思...

評価: 4.0

読了日:2017/10/06

投稿日:2017/10/06

実際にあった3件とも、子を殺した親は自分もひどい親に育てられ、精神的にとても未熟で幼稚あるいは判断力とか問題解決能力無しでした。 以前アメリカ人の友人が(別にどこの国の人でも良いのですが)「子を持たないと決めた人を尊敬する。世間には子を産んでも全く責任を持たない人がいる」と言っていました。 私も...

評価: 3.0

読了日:2017/10/03

投稿日:2017/10/03

歴史は繰り返す…今の日本の早期英語教育過熱は数百年前のイングランド隣国で起こっていた! 当時はそれぞれウェールズ語、スコットランド語、アイルランド語などを話していた人たちに、イングランド人が経済的都合(侵略?)のため英語を押し付けたそうです。英語を話さない人を野蛮人のようにみなしたとか。 そのう...

評価: 2.0

読了日:2017/10/02

投稿日:2017/10/03

ミステリーというよりホラー。私の好きな、次どうなるワクワク感で止まらない話ではなく絶望的な展開で読み進めにくかったです。主人公が加害者兄弟の中に自分たち兄弟を投影するところは秀逸だったかもしれない。

評価: 3.0

読了日:2017/09/21

投稿日:2017/09/21

支払いにクレジットカードとICOCAを多用する私は、この類の警告を仕入れるたびに現金主義への変更を検討するが、すぐ忘れてしまいます。 でもこの本はこれらの個人情報がどのように分析されて利用されているかを端的に教えてくれたので、さすがにゾッとしました。(同類の米人ジャーナリストの本もあるが、私には冗...

評価: 3.0

読了日:2017/09/20

投稿日:2017/09/20

近年の米国のミステリー小説では、事件に立ち向かう主人公は英雄ではなく傷を抱えた人間であるのが主流と小耳に挟みました。私もその方が物語にのめり込みます。自分も頑張って生きようという気になれます(すぐ忘れるが)。 登場人物に美人が多すぎるのはちょっと疑問。30万の地方都市の一角にそんなに美男美女がわん...

  • 1~10件 (全16件)

belamiさんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:belami
本棚登録件数: 16 冊
レビュー件数: 16 件

自己紹介:
利用数全国1位の県立図書館と市立図書館を交互に利用しています。家のテーブルに本が積んでいないと不安になるので、読む時間もないのに返した後どうしてもまた3、4冊借りてしまう図書館中毒です。

belamiさんの本棚
マイ本棚をブログに設置
絞り込み
絞り込みを解除: すべての本を表示
ステータス:
読み終わった本  
本の所有:
持っていない