レビューの並び替え:
  • 1~10件 (全132件)
豚山田さんの読書レビュー一覧

評価: 4.0

読了日:2014/12/14

投稿日:2014/12/14

作者の怒りが透けて見える様でした。 教師を一生の仕事と志す主人公は、しかし戦時中の言論統制に巻き込まれて職を失い、失意の中で唯一の希望だった結婚もその直前に召集令状を受けたために叶わなくなります。 思想教育と言論弾圧の愚かさ、一人の人間が国家に自由を奪われることの理不尽さに翻弄される主人公は、そ...

評価: 3.0

読了日:2014/12/11

投稿日:2014/12/11

予備知識なしで読んでます。 これがどんな物語なのか、氏がどういう作風を持っているのか、全く手さぐりで恐る恐るページを捲っていました。 なので上巻の前半は何を期待して読むべきかも分からず、取り敢えず文字を消化するだけという体になっていましたが、竜太が成人になってからは俄然面白くなってきましたね。 ...

評価: 3.0

読了日:2014/12/04

投稿日:2014/12/04

所謂バカミス。 ただトリックやギミックが突拍子もないものという類のでは無く、単にキャラクターがおまぬけというタイプのバカミスでした。 すると納得できないのが、後半の「普通に謎解きをする展開」です。 前半はまだ、謎を解いた!と思ったら全然違った!とか作風にあった展開が面白かったのですが、謎解き自...

評価: 3.0

読了日:2014/11/03

投稿日:2014/11/03

この物語を正しく理解できる方を、僕は巨大知性体と呼ばせていただくことにします。 少なくとも、SF初心者の僕には早すぎる作品でした。 再読必至どころではない…正直五回読んだって正しく理解できる自信がありません。 とにかく難解でした。 とはいえ、決して読みにくかったという訳ではありません。 む...

評価: 4.0

読了日:2014/10/24

投稿日:2014/10/24

ちょい未来の宇宙工学にまつわる物語。 科学的根拠の是非はともかく、工学、技術、宇宙、国際状況などの圧倒的な知識的裏付けに基づいた描写や説明が、本作というフィクションにリアリティをもたらしていました。 これは勉強になるな。 ただ難しい題材だけに、しかも明らかに描写が足りない部分が幾つかあり、知識...

評価: 4.0

読了日:2014/10/14

投稿日:2014/10/14

氏の作品は不夜城以外で初でしたが、良くも悪くも期待を裏切らない展開でした。 しかしこれだけ結末まで何が起こるか予測がついてしまう物語にも関わらず、ページを捲らされ先が気になってしまうのは、作者の持つ魔力としか言いようがありません。 この投げ槍でぶっきら棒な文章に浸かっているだけで、自分も気だるげ...

評価: 3.0

読了日:2014/10/13

投稿日:2014/10/13

ひと言で言えば長い。 文章も読み易いですし発想も面白い。 後は個人の好みの問題として、この恋愛至上主義的な展開は肌に合わないなぁ、と思う位で終わってくれればまだ印象も良かったのかも知れません。 しかし後半、内容を支持した訳でもない本のスピンオフを無理に読ませるというのは如何なものでしょう? ...

評価: 3.0

読了日:2014/10/02

投稿日:2014/10/02

妻子持ちの東京人の島村が逗留先の北国で芸者と過ごす日々の物語。 淡々と語られるその様に激しい愛情などは表出せず、只々穏やかに、芸者への哀れみを通じて自らへの哀れみを見るような感情なのだとか。 その仄かなかがり火に手をかざすかの様な淡い情愛を浮かび上がらせるのに、雪国という景色が効果的だった気がし...

評価: 4.0

読了日:2014/09/29

投稿日:2014/09/29

30年も前の本でしたか。感慨深いものがあります。 今読んでも古臭さは感じさせませんが、若い世代が黴の生えた古臭い勢力や慣習を打ち砕いて新しい時代を作るという構図は、まだまだ若い世代に勢いのあった時代の本ならではという感じで微笑ましい。 そういう中で、権威欲、自己保身、正義の押し売りといった如何に...

評価: 3.0

読了日:2014/09/26

投稿日:2014/09/26

なるほどね。王子様ものでしたか。 巷で大人気の作家ということで、どういったものかと思って手に取りましたが、確かに難解ではなく、かといってスカスカでもないバランスは非常にとっつき易いと感じました。 ラノベ的なキャラクターの解り易さも手伝って、大変楽しく読めました。 ただ、実弾を用いた武力抗争が背...

  • 1~10件 (全132件)

豚山田さんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:豚山田
本棚登録件数: 132 冊
レビュー件数: 132 件

自己紹介:
電子書籍のみの読書人。
海外赴任中の身ですが、手に入らない本は実感として殆どなし。いい世の中です。
特定のジャンルはなし。人生の一冊を求めて長い旅の途中です。

【星の基準】
☆☆☆☆☆ 人生の書:面白いうえ、繰り返し何度も読み返したくなる。友達にお勧めできる。
☆☆☆☆ 面白い!:読了後引っかかりもなく、気持ちよく終われた。
☆☆☆ 惜しい!:面白いんだけど、何か引っかかる。
☆☆ 厳しい!:最後まで読んだけど、面白くない。欠点が多すぎ。
☆逆人生の書:この本を読むことが自分の人生にどれだけの時間の損を生んだか。逆に友達にお勧めできる。

豚山田さんの本棚
マイ本棚をブログに設置
絞り込み
絞り込みを解除: すべての本を表示
ステータス:
読み終わった本   読みたい本  
本の所有:
持っている   持っていない