レビューの並び替え:
一覧へ
  • 8件目(全32件)
キノの旅

著者: 時雨沢恵一

出版社:アスキー・メディアワークス (2000/06)

評価: 3.0

読了日: 2014/01/30

投稿日: 2014/01/30

最近よくみるぶっとんだライトノベルとはほど遠い、淡々とただ客観的に物事が進んでいく。

主人公キノと相棒のモトラド(しゃべるバイク的な)がさまざまな国を3日間という滞在期間で旅をする。
そこにはおかしな制度やさまざまな国民がいて、正義のためにみたいな行動をするわけでもなく我関せずなスタイル。

だからこそなのかなんかおかしいだとか変だと読みながら考えたり、自分ならこうするなど考察できたりするのがこの本のいいところですかね

ライトノベルでもこれはお勧めできる1冊だと思っています。


    コメント

    たしかにライトノベルってぶっとんだイメージあります!
    淡々としたライトノベルもあるんですね~

    2014/01/30 by sunflower

    確か結構な長編作品でしたよね。

    手を出したいような、これ以上、手を広げてもと二の足を踏むような、そんな感じです...

    2014/01/30 by ice

    >sunflowerさん

    本当に主人公のスタンスはこれでいいのかって思えるくらいには客観的かつ無関心な感じですね(笑)
    たまに時事ネタも突っ込んでくるのでそういった意味で考えれるいい作品だと思います


    >iceさん

    確かに長いです。
    ただ、1話完結なので途中読みしても問題ない作品です。
    少なからず主人公キノの生い立ちとかが出てきますが、支障が全くないですね(笑)

    2014/01/31 by ちあき

    ちあきさんの読書レビュー 「キノの旅」 | 読書ログ

    プロフィール
    ニックネーム:ちあき
    本棚登録件数: 318 冊
    レビュー件数: 32 件

    自己紹介:
    活字をおいたいぞーーー

    ちあきさんの本棚
    マイ本棚をブログに設置
    絞り込み
    絞り込みを解除: すべての本を表示
    ステータス:
    読みたい本   読み終わった本  
    読んでいる本  
    本の所有:
    持っていない   持っている