レビューの並び替え:
  • 1~7件 (全7件)
doraさんの読書レビュー一覧

評価: 3.0

読了日:2016/06/15

投稿日:2016/06/24

宇宙といえばほとんどの人が人型の姿や虫などの生物を思い浮かべると思います。 ソラリスはその固定概念を打ちくだきます。 ソラリスにいる「海」のような生命体に対するさまざまな意見が学術書のように長々と続く場面があり、メタファー的に解説されています。これは絶えることのない人類の好奇心や探訪を意味してい...

評価: 4.0

読了日:2016/05/20

投稿日:2016/06/24

ボトルと呼ばれる機械がアトランダムに一人を選出し、世界のリーダーへ昇格させる。途方もない発想ですね。思いついたとしても描こうとは思えないような設定で独特な世界を描写するのが、P・K・ディックです。 選ばれた人間は命を狙われる、まさにダモクレスの剣の下で主人公がリーダーへと昇格する展開が始まります。...

評価: 5.0

読了日:2016/05/10

投稿日:2016/06/23

日本ではわりと人気なフィリップ・K・ディックの作品といえば「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」でしょう。 ディックの作品には「現実が崩壊する感覚」や「アイデンティティの喪失」というものがしばしば見受けられます。 本作の主人公は、外見上人間とは全く区別がつかない存在つまりアンドロイドを前にし...

評価: 3.0

読了日:2016/04/28

投稿日:2016/04/29

装丁が綺麗ですね。本書はあまり高い評価を得ていないというのが周りからの印象です。確かに貴志祐介さんらしくない感じは一部感じます。 それよりも雀蜂だけでここまで書けるなんてさすがだなあ、と思います。今回はもちろん雀蜂の知識が披露されています。今までのと比べてたかが蜂でしょう?なんて思ってましたが、実...

評価: 5.0

読了日:2016/04/28

投稿日:2016/04/28

貴志祐介さんの何か独特の世界観を感じます。本書は中でもボリュームのある一作で、中でも異様な怖さ、生々しさを持ったホラー小説でした。 まるで学術書のようにそそられる知識をひけらかしていますが、それを読んでいくうちにあらわになっていく恐怖の対象。未知だから怖いと感じていたはずが知識を得た後のほうが、い...

評価: 5.0

読了日:2016/04/27

投稿日:2016/04/27

クリスティの超有名作。推理はあまり読みませんが、一度はということで読みました。 いい意味で裏切られた気分です(笑)自分が当たり前のように思い込んでいた常識が覆されました。作中で繰り広げられる会話はそれぞれの性格や感情に裏付けされた、そしてこの人の本性はどこにあるんだろう、と思わせる見事なものでした...

評価: 3.0

読了日:2016/04/27

投稿日:2016/04/27

J・ケッチャの著書を初めて読みました。後味の悪さで有名な作家さんですが、本書はまだましなほうだと聞いたので恐る恐る手に取りました。・・・ぜんぜん安心して読み進めない。ページをめくるたびに、「頼む!生きててくれ!ひどい、救われない結末だけはやめて・・・」となんど祈ったことか。 本書は中編が4つ収録さ...

  • 1~7件 (全7件)

doraさんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:dora
本棚登録件数: 19 冊
レビュー件数: 7 件

自己紹介:
最近のお気に入りは、「あなたの人生の物語」です。好きな作家はP.K.ディック。乾いた筆致で書かれた文章が好きです。
そんな自分ですがもしよかったら、一緒に本の話をしましょう。

doraさんの本棚
マイ本棚をブログに設置
絞り込み
絞り込みを解除: すべての本を表示
ステータス:
読み終わった本   読みたい本  
本の所有:
持っている   持っていない  
doraさんのタグ:
お気に入り