レビューの並び替え:
一覧へ
  • 8件目(全71件)
とめどなく囁く

著者: 桐野 夏生

評価: 4.0

読了日: 2019/04/15

投稿日: 2019/04/15

こちら新聞連載で読んで。
で、
単行本発売というわけ。

桐野さんは個人的に大ファンで、

過去に小池真理子さんのサイン会には行った事あるのですが、
あと、川上未映子さん。

で、

リアルに会ってみたい作家さんが桐野夏生さんですね。

この作品にも、桐野さんの凄みエキスが存分に出ていると思う。

ネタバレはやめますが、人間関係の年の設定にリアル差に欠けると私は思っているけども、小説だからこそ出来る設定であり、そこにヤジを飛ばす気持ちもないけど・・・個人的にはあるかな・・・笑

でも、

心理的な部分や、それぞれのそれぞれの人との繋がりみ見える葛藤やら不安やらはリアリティありありで、桐野さんの十八番?か分かりませんが、主人公が良くも悪くも強い!精神的にアグレッシブな気が今回もしましたね。

で、

謎が謎を呼ぶストーリーなので、書きませんが、

単行本で一気に読みたいですよね!

私は新聞で読んでいて、ある意味毎日の楽しみではあるんですが、1年を分割して読むのも、なんつーか面白み半減な気がして。

映画を5分置きに毎日見るみたいな・・・例えになっているかどうか・・・

まっ

とにかく面白かった!

一度桐野さんとお会いしておしゃべりしてみたい方の新作でした!


    ジュディスさんの読書レビュー 「とめどなく囁く」 | 読書ログ

    プロフィール
    ニックネーム:ジュディス
    本棚登録件数: 80 冊
    レビュー件数: 71 件

    自己紹介:
    初めまして^^
    ジューディスです。
    ★好きな作家
    桐野夏生、小池真理子、村上春樹、、、又吉直樹
    ★好きな作品
    ガルシア・マルケス「コレラの時代の愛」
    三島由紀夫「奔馬」
    小池真理子「欲望」
    ★憧れの書斎
    澁澤龍彦
    ★憧れの読書
    仙台にあった「無伴奏」での読書。
    ★現実の読書
    レコードをBGMに、ブラック・コーヒーを飲みながら・・・と言いながら年に数回 苦笑
    ★今読んでいる連載小説(隔月も含む)
    月刊誌世界、桐野夏生「日没」
    月刊誌小説野生時代 桐野夏生「インドラネット」
    月刊誌小説すばる 花村萬月「対になる人」
    ★性格
    長所:純粋 短所:生真面目
    なんか元FBI長官、ジェームズ・コミーのある意味生真面目な性格部分似ている気もするが・・・

    ★自分にとっての読書
    小説7 ビジネス(フィクション)3
    の割合を意識した読書で、時にストイックに時にリラックスに、書物と対峙した時、強弱を意識し、自己の鍛錬、コントロール等々・・・生活の糧になるよう意識しています。






    ジュディスさんの本棚
    マイ本棚をブログに設置
    絞り込み
    絞り込みを解除: すべての本を表示
    ステータス:
    読み終わった本   読みたい本  
    読んでいる本  
    本の所有:
    持っている   持っていない