レビューの並び替え:
一覧へ
  • 3件目(全30件)
朝が来る (文春文庫 つ 18-4)

著者: 辻村 深月

評価: 5.0

読了日: 2020/07/06

投稿日: 2020/07/06

いやぁ、これは入り込んだ。
視点を分けた三人称と概ねそれに倣う四章構成。
前半は芯の強い女性がみせる現代の子育てに対するリアル。
後半は感情が安定しない少女の堕ちていくエピソード。
それでも真面目に働く少女を凄く応援したし、だからこそハッピーエンドを願ってやまなかった。
最後は結局どうなるのかもっと詳しく知りたかったが、それでもなんとか救われた。
とても感情を揺さぶられた物語だった。


    コメント

    自分もこの作品読みましたが、おっしゃるとおり前半と後半の対比に驚き感情揺さぶられました・・・!

    最近は辻村さんの作品読んでないのでなにか再読してみようかな~と思いました(*^^*)

    2020/07/07 by 澄美空

    >澄美空さん、コメントありがとうございます。

    揺さぶられますよね、共感嬉しいです!
    それほど多く辻村深月さんの作品を読んでいるわけではありませんが、辻村さんの作品好きです。
    お時間あるときにぜひ再読してみてください(^^)

    2020/07/08 by いつつ

    いつつさんの読書レビュー 「朝が来る (文春文庫 つ 18-4)」 | 読書ログ

    プロフィール
    ニックネーム:いつつ
    本棚登録件数: 205 冊
    レビュー件数: 30 件

    自己紹介:
    雑食です。
    読んだら本棚に登録してます。なるべくレビュー書かなきゃなぁと思いつつ読んだらとにかく本棚に登録してます。
    ふといきなり数ヶ月読まなくなる時期があります。そういう時期はログインも鈍ります。
    漫画も読みますが漫画はこのアカウントの本棚には入れません。

    いつつさんの本棚
    マイ本棚をブログに設置
    絞り込み
    絞り込みを解除: すべての本を表示
    ステータス:
    読み終わった本  
    本の所有:
    持っている   持っていない