レビューの並び替え:
一覧へ
  • 4件目(全219件)
ザ・ギバー―記憶を伝える者 (ユースセレクション)

著者: ロイス・ローリー

評価: 評価なし

読了日: 2016/11/17

投稿日: 2016/11/17

画一化された世界。

長老会によって「配偶者組み合わせ」や初年児の「名前」
「家族ユニット」「職業」などが決められている管理社会。
12歳の儀式で仕事を決められるが主人公のジョーナスは
「記憶を受けつぐ者」に任命される。
「記憶を伝える者」から指導を受けるジョーナスはこの世に
色というものがあるのを知る・・・

この小説は「バーナード嬢曰く。」2巻で神林さんが
「カッシアの物語」のことをメールしているときに出てきて知りました。
これまたカッシア同様ディストピア物です。
これを読んでいると何も知らずに暮らしていくだけなら
こういう管理社会もありじゃないかなと。。。楽でしょ〜w
まぁ色々知ってしまっている現在の僕はゴメンですが。
選ばれて感情や色などを知ってしまったジョーナス…たまらないでしょう。

こういうディストピア物って家に食事を届けるっていうの多くない?w

この「ザ・ギバー 記憶を伝える者」は今、新訳ででていて
続きもでています。四部作みたいですね。
で、映画にもなってるんですね!借りてこようっと。


    コメント

    >この小説は「バーナード嬢曰く。」2巻で神林さんが
    「カッシアの物語」のことをメールしているときに出てきて知りました。

    「バーナード嬢曰く。」大活躍ですね(^^♪

    2016/11/18 by 澄美空

    澄美空さん

    ド嬢、大活躍中ですw
    神林さんとは本の趣味があうぅ〜☆

    2016/11/18 by 降りる人

    降りる人さんの読書レビュー 「ザ・ギバー―記憶を伝える者 (ユースセレクション)」 | 読書ログ

    プロフィール
    ニックネーム:降りる人
    本棚登録件数: 263 冊
    レビュー件数: 219 件

    自己紹介:
    2015/9/17からの記録

    降りる人さんの本棚
    マイ本棚をブログに設置
    絞り込み
    絞り込みを解除: すべての本を表示
    ステータス:
    読み終わった本   読んでいる本  
    本の所有:
    持っていない   持っている