レビューの並び替え:
  • 1~9件 (全9件)
highseeさんの読書レビュー一覧

評価: 3.0

読了日:2017/08/07

投稿日:2017/08/17

「膵臓」、「食べる」という目を引く題名と、映画で話題になっていることから なんとなく手に取ってみた。 ライトノベルのようにサクサクと読み進めることができ、 最後は良い終わり方だったと思う。 はたして自分は余命○年と宣告された際、彼女のように生きることができるのか。 「君の膵臓を...

評価: 4.0

読了日:2017/06/19

投稿日:2017/06/21

宮部みゆきさんの著書を久しく読んでいなかったので久しぶりに。 とても面白かった。 最初は状況が良くわからないような、ふわふわした状態から物語が始まるが、後半にかけて伏線が次々回収されていき、一気に読むことができた。 途中、少し中だるみしている感は否めないが、 最後、予想していたも...

Ico

評価: 4.0

読了日:2017/06/03

投稿日:2017/06/05

PS2の同名ゲームを宮部みゆきがノベライズした本作品。 ゲームは数年前にクリアしており、 壮大なお城の中を少女と少年が手を繋ぎながらクリアするという 今までに無い概念のゲームで驚いた記憶がある ゲームの中では詳しい解説はほとんどされず(説明書もぺらっぺら)、 その解釈はプレイヤーに...

評価: 3.0

読了日:2017/05/25

投稿日:2017/05/26

学生時代、上「先生と私」までは読んだことがあったが、 中「両親と私」、下「先生と遺書」まで読んだのはこれが初めてだった 下「先生と遺書」で語り手が「先生」へと移る形で遺書が読まれ、 なぜ今の「先生」の状況が作り上げられたのかが判明する その内容は簡単に言うと、優柔不断な「先生」と親友...

評価: 3.0

読了日:2017/05/17

投稿日:2017/05/17

茶屋次郎名川シリーズ「笛吹川殺人事件」 TVドラマ化もされているらしい このシリーズを読むのは初めてだったが、 会話のテンポや掛け合いが楽しく、登場人物達に愛着が湧いた 主人公の仕事仲間のハルマキ&サヨコ、榎本刑事や里麻さんなど。。 ただ、ミステリーとしての部分は捻りもあま...

評価: 3.0

読了日:2017/05/12

投稿日:2017/05/15

化学×ミステリーというのは初めての体験だったが面白く読めた 大学時代、化学専攻の友人が「毎日研究室で休む暇もない」と言っていた意味が少し分かった 内容は、素人向けにも分かりやすく描かれており、すらすら読める。 最後にどんでん返しがあり、これは映像では表現できず、本ならではだなと思った。...

評価: 3.0

読了日:2017/05/08

投稿日:2017/05/08

「鍵のない夢を見る」からの辻村さん作品 前作品と同じく、不思議な気持ちを抱いての読了となった 自分の特性を「少し・不在」として一段上から周りの人を見下し どこにも居場所がなかった主人公だが、 様々な出会いや経験を通して、変わっていく。。 ドラえもんをモチーフにしていることもあり...

評価: 3.0

読了日:2017/05/01

投稿日:2017/05/02

近所の図書館の課題図書ということで、初辻村さん作品 内容は5人の女性の短編集のようなもの。 今までに感じたことのないようなもやもやを抱きつつ、 一気に読めてしまった。 心理描写が上手いからなのか。 短いながら満足感もある。 ただ、読後の後味はあまりよくなかった。 それは、す...

評価: 4.0

読了日:2017/04/29

投稿日:2017/05/02

目を引く表紙につられて購入。 足利事件、確かに聞いたことがあったが、1人の記者の働きで 冤罪判決まで向かっていったことは驚きだった。 こういうものを見ると警察が信用できなくなるし、 いざ自分がそうなったらと思うと非常に怖い。 痴漢の容疑者になったら逃げろ、というのもわかる気がする。...

  • 1~9件 (全9件)

highseeさんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:highsee
本棚登録件数: 9 冊
レビュー件数: 9 件

自己紹介:
ジャンルに関わらず、気になった本を読みます
-主に通勤中の暇つぶしとして-

highseeさんの本棚
マイ本棚をブログに設置
絞り込み
絞り込みを解除: すべての本を表示
ステータス:
読み終わった本  
本の所有:
持っている   持っていない