レビューの並び替え:
  • 1~10件 (全82件)
iireiさんの読書レビュー一覧

評価: 5.0

読了日:2014/02/19

投稿日:2014/02/19

ネットの力は凄まじい。2013年の4-5月ころ、グーグルのCMバナーに紹介されていた「乙嫁語り(おとよめがたり)」に興味が湧いて、市中の本屋から既刊のコミック5巻を購入し、読んでみました。この作品は、19世紀後半の中央アジアにおける「花嫁=乙嫁:可愛いお嫁さん」たちのオムニバス形式のエピソード集です...

評価: 4.0

読了日:2014/02/10

投稿日:2014/02/10

「人は人に対して狼である」「万人の万人に対する闘争」という言葉で知られるイギリスの政治哲学者・トマス・ホッブズの「リヴァイアサン」には昔から関心がありましたが、今回・注釈書ですが読んでみました。(原典は長大なので敬遠しました。)なお、リヴァイアサン(Leviathan)というのは旧約聖書・ヨブ記に出...

評価: 4.0

読了日:2014/01/31

投稿日:2014/01/31

「リチャード3世」は、ウィリアム・シェイクスピアの初期の作品で、その時期の作品としては評価が高いもののようです。実在のイングランド王をモチーフにしたものであり、展開される修羅場が激しく胸に迫ってきます。  グロスター公リチャードは、2つの身体的欠陥を持つ者で、一昔前なら、堂々と書けたでしょうが...

評価: 5.0

読了日:2014/01/21

投稿日:2014/01/21

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ つくろう天使とこわそう天使 この二人の天使は、いつも一緒にやってきます。こわそう天使が、ゲラゲラ笑いながら、古くなったものや、今まであったものをガンガンこわしていくと、片方でつくろう天使がつぶれた場所をうめるように新しいものをつくっていきます。 ...

評価: 4.0

読了日:2014/01/11

投稿日:2014/01/11

 新島襄(にいじま・じょう:1843-1890)と言えば、日本で早い時期に大学を設立した人として有名ですが、46歳で亡くなるまで、教育者とキリスト教の伝道師、文明批評家として世に警醒を行った人です。じつに早世の人でした。昨年のNHK大河ドラマ「八重の桜」に登場していたのを、はじめて見知った人も多いの...

評価: 4.0

読了日:2014/01/01

投稿日:2014/01/01

以前、私の先輩・・・東京大学工学部都市工学科の先輩、明治学院大学教授の熊本一規さんとお互いの著作を献呈しあったことがあるのですが、私が2冊差し上げたことに鑑み、先方ももう一冊本を贈呈してくださいました。(海老で鯛を釣る、と言った感じですが)  その本は「東大闘争と原発事故  廃墟からの問い」(...

評価: 4.0

読了日:2013/12/22

投稿日:2013/12/22

「出家とその弟子」と言えば倉田百三、倉田百三と言えば「出家とその弟子」と来るほど有名な作家・作品ですが、今日、さほど読まれてないのではないでしょうか?第一、私にしたところで、岩波文庫のこの一冊を手に取るまでは、この作品は小説であると思っていて、戯曲であるとは知らなかったのですから。この戯曲は、52歳...

評価: 4.0

読了日:2013/12/12

投稿日:2013/12/12

 ハイネと言って、すぐ思いつくのはシューベルト最期の歌曲集「白鳥の歌」に取り上げられたハイネの6編の詩です。この歌集は、1番目から7番目までがレルシュタープの凡庸な詩、8番目から13番目がハイネの詩、14曲目がザイドルの詩に曲をつけた「リート:Das Lied」です。第13曲目の「影法師」(Der ...

評価: 5.0

読了日:2013/12/03

投稿日:2013/12/03

 「私は、ウィリアム・ウィルソンという名前である。ところが何時のころからか、自分にそっくりで名前までウィリアム・ウィルソンと同名である男が現れた。  奴は私がし遂げたことを、常に消去するように働く。それが賭博上の如何様(いかさま)であったのなら、奴はその種明かしをして、私の名望を挫くように働く。」...

評価: 4.0

読了日:2013/11/26

投稿日:2013/11/26

 2012年11月末、読売新聞にある方の訃報が載っていました。その人は「外間守善:ほかましゅぜん」さんで、「おもろさうし」の研究を大成した人でした。「おもろ」というのは、日本でいう「和歌」に相当するでしょう。  その「おもろさうし」について、wikipediaから引いてくると、 ・・・・・・...

  • 1~10件 (全82件)

iireiさんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:iirei
本棚登録件数: 87 冊
レビュー件数: 82 件

自己紹介:
iirei(森下礼):環境問題研究家、詩人、エッセイスト

好きな作家、その他: 梶井基次郎、中島敦、中島らも、ポール・ヴァレリー、ウィリアム・ブレイク、老子、荘子

iireiさんの本棚
マイ本棚をブログに設置
絞り込み
絞り込みを解除: すべての本を表示
ステータス:
読み終わった本   読みたい本  
本の所有:
持っていない   持っている  
iireiさんのタグ:
基軸通貨   冷蔵庫のドア上のメモ   書簡体文学   お気に入り   プーチン