レビューの並び替え:
  • 1~6件 (全6件)
かなかなさんの読書レビュー一覧

評価: 5.0

読了日:2018/08/07

投稿日:2018/08/12

伏線の回収さがハンパなかった。こんな小説が書ける辻村さんの才能がすごすぎる。読み落としているところもあったので、上巻から再読すると伏線発見連発。 環の父親の後妻と息子が訪ねて来た時、その苗字を聞いたスーが莉々亜の身内と思ったところ。ここも伏線だったのか! ダークウェルの原作者の幹永舞。ミキナガマイ→...

評価: 5.0

読了日:2018/07/15

投稿日:2018/08/12

箱根駅伝に出場することができるとわかって読んでいるのに、予選会からハラハラし涙ボロボロだった。 クライマックスの箱根駅伝は、自分がその場にいるような一体感。 頑張れ!余計なこと考えるな!スピードを出し過ぎて体力を消耗させるな!挑発に乗るな!東体大には負けるな! たった10人のチーム。 本戦で走り終わ...

評価: 5.0

読了日:2018/06/23

投稿日:2018/08/12

(世にも奇妙な物語+日本昔ばなし)÷2 な感じ。 「藪から千本」がかなり怖かった。人間って本当に怖い。。 どの話もなかなか深いのだけれど、話が長くて本が重かった。 「面妖な」という言葉が何度も出て来た。 ちょっとどこかで使ってみたくなった(笑)

評価: 5.0

読了日:2018/06/16

投稿日:2018/08/12

15年かけて辞書を作る話。NHKドキュメンタリー「プロフェッショナル 仕事の流儀」の世界だ。 特に西行のくだりは面白かった!教授に書いてもらった説明文をバッサリと…でも、辞書とはそういうものなんだということがよくわかった。 辞書の編集が大黒柱なので、主人公が結婚したことも、チャラい西岡さんが結婚して...

評価: 5.0

読了日:2018/05/13

投稿日:2018/08/12

おんぼろアパート木暮荘の住人が出てくる短編集。登場人物がクロスオーバーしているのでだんだん木暮荘に愛着が湧いてくる。 死ぬ間際の友人の言葉がきっかけで猛烈にセックスをしたくなったおじいさんの話がとても面白かった。どうしたら拒絶されることなく、いたすことができるのか?その奮闘する思考があまりにも猛然と...

評価: 5.0

読了日:2018/04/18

投稿日:2018/08/12

星新一さんのショートショートを読んだのは40年ぶりだろうか。 中学生の頃友達に勧められてボッコちゃんを読んでから、次々と漁る様に読んでいた。 昭和期に書かれた星新一さんの作品からすると、平成末期を生きている私の今は、「あの頃の未来」なのだ。 そう思いながら読むとちょっとした答え合わせをしている様で、...

  • 1~6件 (全6件)

かなかなさんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:かなかな
本棚登録件数: 6 冊
レビュー件数: 6 件

自己紹介:
関西出身 関東在住。
北京に語学留学経験あり。
手芸作家として創作活動に励みつつ、合間に読書をする毎日だったのだが、重い本(寂聴さんの女人源氏物語)をハマり読みしたことが引き金となり頚椎性神経根症勃発。2週間激痛でほぼ寝たきりを経験する。あまりにも痛かったので、その後は何事も控えめにしようと心がけてはいるが、元来の「ハマるととことん」の性格は、そう簡単に変えることはできない。ので、今は首に悪い手芸活動を自粛し、首に悪くなさそうな合唱に打ち込んでいる(オーケストラと歌う混声合唱)。歌ったり、読んだり、書いたりを楽しむ毎日である。
家族は夫と大学生の息子と娘と可愛い可愛いトイプードルの兄妹2匹。

かなかなさんの本棚
マイ本棚をブログに設置
投稿月別
すべて
2018年08月 (6)
絞り込み
絞り込みを解除: すべての本を表示
ステータス:
読み終わった本  
本の所有:
持っていない