レビューの並び替え:
  • 1~10件 (全31件)
かんぞ~さんの読書レビュー一覧

評価: 4.0

読了日:2017/10/19

投稿日:2017/10/19

コミカライズされ、アニメにもなった作品。まずは小説で読んでみようと思い、図書館で借りた。冒頭、ケンカ番長を地で行くバイオレンスな展開に唖然としつつも、読み終えた時は大満足。エンタメ的でありながらも、様々な人(と妖怪)と関わり体験していく主人公の成長物語にもなっているのね。価値感や群集心理、そして生き...

評価: 4.0

読了日:2017/10/17

投稿日:2017/10/17

明日はどうなるかわからない南洋の戦地で結成された演芸部隊。彼らの公演は単なる娯楽ではなく、兵士たちが故郷を偲び、生きる希望を与えた。一方、役者たちも大勢の兵士からの拍手と笑顔を受け取る幸せをかみしめ、生き抜く力になっていく。 特に、タイトル通り南の島に雪が降るシーンは圧巻。涙腺崩壊でもうあきまへん...

評価: 4.0

読了日:2017/10/15

投稿日:2017/10/18

作家という職業は〆切に悩まされているということを知ったのは、サザエさんに出てくる伊佐坂先生が初めてだったかなぁ。身近にそういう職業の人はいなかったけど、「書かなければいけないのに書けない」という苦悩は、子どもの頃読書感想文が書けなくて悶絶していた夏休み最終日よりも、はるかに深刻だったに違いない。 ...

評価: 3.0

読了日:2017/10/12

投稿日:2017/10/15

35歳の作者が死んだというショッキングな書き出しから始まる。 重度の自閉症を抱えた作者がパニックと自傷行為を続け、両親は悩み続けるが、学校も福祉作業所も病院も、そして家庭も彼が安らぐ居場所ではなかった。これが現実だと突きつけられ、最後まで希望が見つからなかった。 読み終わって感じたのは、重度障害...

評価: 4.0

読了日:2017/10/10

投稿日:2017/10/10

明治女と大正男が戦中戦後を生きぬいて、ますます便利になっていく世の中について自由奔放に語り合う。30年以上も前の本だけど、十分面白かった。 意外に思ったのは、「近頃の若いモンは…」という「今を憂う懐古趣味」に陥っていないこと。 沢村姐さんは、「私は昔のやり方でしかできない」と言いつつ、「でも、新...

評価: 4.0

読了日:2017/10/07

投稿日:2017/10/07

兄 宮沢賢治との思い出や作品についてのエッセイ。会報や研究誌などに寄稿した文章を収録。最初の文を読んで、賢治が書いた文章そのもののようで驚いた。一番の理解者である著者は、まるで賢治の描いた理想郷イーハトーブの住民のような気がする。苦悩の中に生きた賢治の一生を不幸だと思っていたが、この本を読んで、こん...

評価: 5.0

読了日:2017/10/02

投稿日:2017/10/02

障害のある人に「ありのままの自分を受け入れよう」なんて耳障りのいい言葉をぬかし、わかったつもりの自分自身が、そんなことに向き合わずにのうのうと暮らしている事実に気づいた時の情けなさったらありゃしない。 人間、中身が大事。その一方で「見た目が9割」なんて言われる中、顔に傷があったり障害がある人は、そ...

評価: 4.0

読了日:2017/09/30

投稿日:2017/10/01

ラジオ番組を続けて聞いているうちに、突然、パーソナリティとの距離が一気に身近になることを感じることがある。タレントじゃなくて、局のアナウンサーがいい。人柄がわかると、親しみがわいて、毎回聞きたくなってしまう。それがラジオの魅力かなって思う。 作者もラジオパーソナリティとして50年以上活躍していて、...

評価: 5.0

読了日:2017/09/28

投稿日:2017/09/28

この本を読んで、エッセイと日記やブログは違うとはっきりわかった。 自分を中心に置かなくても、うるさく主張しなくても、作者の視点や思いがちゃんと伝わる。 そして、いつの間にか、作者と一緒に戦前の下町を覗いている気分になれる。 江戸っ子らしく気取らず飾らない文章に、当時の人々の暮らしが生き生きと描...

評価: 3.0

読了日:2017/09/15

投稿日:2017/09/15

学校を舞台にした小説は割とよく読む。その理由が最近わかった。自分の子ども時代は、表向きは大人しく従順だが内面が屈折していて、全然子どもらしくなかった。当然楽しい思い出もそんなにない。先生は扱うのに大変だったろうと今になって思う。さすがに、あの頃に戻りたいとは思わないけど、本を読むことで学校や学生の雰...

  • 1~10件 (全31件)

かんぞ~さんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:かんぞ~
本棚登録件数: 31 冊
レビュー件数: 31 件

自己紹介:
読書好きですが、正確には「自分の好きなジャンルの本をとことん読むのが好き」ですね。本屋や図書館など、「本がたくさんある空間」も大好きです。ブックカフェみたいなところも行きたいですが、敷居が高そうで…達人の方、楽しみ方をご教示ください。

かんぞ~さんの本棚
マイ本棚をブログに設置
絞り込み
絞り込みを解除: すべての本を表示
ステータス:
読み終わった本  
本の所有:
持っていない   持っている