レビューの並び替え:
  • 1~10件 (全67件)
かんぞ~さんの読書レビュー一覧

評価: 4.0

読了日:2018/02/22

投稿日:2018/02/22

やっぱり、真摯に生きている人同士って引き合って共鳴しあうのかなぁ。分野は違えど対談をきっかけに仲良くなり、やがて強い信頼関係で結ばれた二人。病気という不幸が襲ってきても、互いを信じる気持ちに揺らぎはなく、最後まで誠実に対峙していた姿に、ぬるま湯につかってノホホンと生きている自分が言えることなどありま...

評価: 5.0

読了日:2018/02/17

投稿日:2018/02/17

音楽は人の心を豊かにさせる。癒し、感傷、情熱。その音楽に優劣をつけるのがコンクール。なんと残酷で不条理。でも、その行方を見届けたくなる。神に選ばれた・・・ではない、神を振り向かせたコンテスタントたち。音楽の楽しみも苦しみも、純粋さも矛盾も抱え込みながら、自分の音楽を求めてさらに高い場所へ行こうとする...

評価: 4.0

読了日:2018/02/12

投稿日:2018/02/12

う~ん、やっぱり東京は違うわ。地方では大型駐車場が完備している大手チェーンの書店が幅を利かせ、個人経営の書店は減っている。でも、こんなにも個性的な「本屋さん」が東京にあるなんて、ズルい、もとい羨ましい。近所にも欲しいよ~!

評価: 4.0

読了日:2018/02/06

投稿日:2018/02/06

疲れていたり、悩んでいたり、傷ついた人たちの止まり木のように迎えてくれる、深夜の隠れ家風カフェ。店主のドラァグクイーン、シャールが時間をかけて作る体に優しい料理は、前を向いて進むようにと背中を押してくれる。そしてこの物語もまた、シャールの料理のように、読んでいる人のチョットささくれた心にそっと寄り添...

評価: 4.0

読了日:2018/02/02

投稿日:2018/02/03

ルワンダの内戦から逃れてイギリスにやってきたクリストフの家族。 内戦の怖い体験を一人芝居のようにクラスメイトに伝えたことから、彼の世界が動き出す。口頭伝承の大切さを説いたおじいちゃんは物語の大切な原点であり、クリストフを尊重しながらも、多くの人に伝えるために書きとめることを勧める先生もわかる。悩ん...

評価: 5.0

読了日:2018/02/01

投稿日:2018/02/01

昭和初期のリトルビッチ、シャーリーテンプルも裸足で逃げ出す(?)、悦ちゃんの登場よ! パパの再婚話をきっかけに、いろんな人をまきこんであっちこっちで大騒ぎ。貧乏に苦労するシーンもあるけど、文体がノホホンとして、クスリと笑ってしまうこと必至。作り話の世界にどっぷりと浸って読める幸せを存分に味わえます。...

評価: 4.0

読了日:2018/01/25

投稿日:2018/01/27

引越しが多いことをきっかけに、モノを最小限しか持たないミニマリストとなった著者が、夫の実家で義父母と同居することに。そこは要らないモノが溢れていた。それらの片付けに奮闘するハナシと思いきや、あまり気負いは感じられず、片付けの基本に則って、日数をかけて淡々とこなしていく。感心したのは、自分の理想を押し...

評価: 4.0

読了日:2018/01/25

投稿日:2018/01/25

直木賞をとる前から読みたかったんだからね、と意味のない言い訳を。 宮沢賢治の半生を父の目線で辿った小説。伝記とかでは賢治と対立する存在となっていたが、ここでは子煩悩で甘い父親、しかし、家長としての威厳のためか表面には出さない。一方、賢治も父親に対して素直になれない。この複雑な心情は最後まで続いた。...

評価: 4.0

読了日:2018/01/20

投稿日:2018/01/20

おおっ! またスゴイ本が出ましたね。「大人の上から目線でない、自分と同じ目線の物語が読みたい」という欲求から生まれた少女小説。その老舗ともいえるコバルト文庫。雑誌コバルトは作家と読者の交流の場となり、賞を創設して読者から新たな作家を輩出、作品を発表しながら腕を磨いていく。全文庫リストも圧巻。これは少...

評価: 4.0

読了日:2018/01/18

投稿日:2018/01/18

本来日本人が持っていた美徳とマナー。それを復活させようと出てきたのが「江戸しぐさ」。出典や裏付けがはっきりしなくても、それで社会が良くなるならいいんじゃない? いやいや、義務教育や政治的権威、経済活動に結びついたらそうは言ってられないよ、と著者が説いて納得。さらに、専門家が鼻にかけないで野放しにして...

  • 1~10件 (全67件)

かんぞ~さんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:かんぞ~
本棚登録件数: 67 冊
レビュー件数: 67 件

自己紹介:
読書好きですが、正確には「自分の好きなジャンルの本をとことん読むのが好き」ですね。本屋や図書館など、「本がたくさんある空間」も大好きです。ブックカフェみたいなところも行きたいですが、敷居が高そうで…達人の方、楽しみ方をご教示ください。

かんぞ~さんの本棚
マイ本棚をブログに設置
絞り込み
絞り込みを解除: すべての本を表示
ステータス:
読み終わった本  
本の所有:
持っていない   持っている