レビューの並び替え:
  • 1~10件 (全482件)
課長代理さんの読書レビュー一覧

評価: 4.0

読了日:2016/09/02

投稿日:2016/11/23

脳梗塞入院本、7冊目。 これは面白い作品だ、傑作だ。 …と、思ったら、以前に読んでここへもレビューを載せていました。 人生がきらきらしないように、明日に期待しないように、生きている彼らに、いつか。 自分の不行跡を恥じ、未知なる明日を受けいれる資格が果たしてあるのかを、悩む。 ...

評価: 3.0

読了日:2016/09/01

投稿日:2016/11/22

初めての作家さん。 飛脚屋稼業の意地にかけて、幕府が仕掛ける加賀藩取り潰しの柵略に敢然と立ち向かう無名の飛脚たちの活躍を描きます。 登場人物たちがやたらと多い割に各個への個性が足りず読み辛かったです。 物語の骨格を認識できたのは、読み始めからしばらくしてから。 しっかりした小説を書かれる方だ...

評価: 3.0

読了日:2016/08/28

投稿日:2016/11/21

入院本5冊目。 「風が強く吹いている」が鮮烈すぎて、他を読んでいなかった三浦さん。 作中の個性的な面々と、織り成すさまざまな出来事を、飽きさせず読ませるのはさすが。 セックスを絡めずに書いたなら、もっと良かったのに。 ?ん、セックスがそもそも重要な要素なのかな? 救急病院は、もうす...

評価: 4.0

読了日:2016/08/27

投稿日:2016/11/20

4冊目の入院本にして、今年の100冊目。 大人の青春小説というキャッチがぴたりときた、なかなか僕の好みの小説でした。 さきに読んだ「森に眠る魚」よりも、人間の負の部分だけでなく、優しさ(イノセントなものも含んだような)も散りばめられていて、そうしたことで小説の完成度が上がっていると思いました...

評価: 3.0

読了日:2016/08/25

投稿日:2016/11/20

入院3冊目。 妻のセレクトに文句は言えず、持ってきてくれることだけで感謝。 大御所の絶筆。 潜水艦のりと、戦争と平和がテーマ。 入院して新聞を隅々まで読むことが日課になりました。 日本のみならず、世界を覆う閉塞感は、危険な内向きな思想を恥ずかし気もなく振りかざす指導者たちの出現によ...

評価: 3.0

読了日:2016/08/23

投稿日:2016/11/20

入院本2冊目です。 角田光代さんは、前から読もう読もうと思っていて手が伸びずにいた作家さんです。 育児を通して女性たちの心の根底を流れる上がり下がり(幼稚な言い方でわかりずらくて申し訳ないです。)を、丁寧に、かつこれでもかというくらい深堀りをして描きます。 繊細過ぎる心情描写が氏の真骨頂で...

評価: 3.0

読了日:2016/08/21

投稿日:2016/11/20

脳梗塞入院本、記念すべき一冊目でした。 中村さんも、新刊が出るたびに、売れ筋ランキング上位が指定席の売れっ子作家さんになりました。 原点と言われる三部作を発表していた当時とは、ご自身を取り巻く環境やすべてが変わってしまわれた。 新刊が出るたびに、男性作家さんの旬の時期の短さというか、長く一...

評価: 3.0

読了日:2016/08/07

投稿日:2016/08/07

伊達政宗の伯父にして山形の礎を築いた戦国大名・最上義光。 父との確執、妹への思い、娘に対する後悔、甥との戦。 故郷を愛するがゆえ、戦場を駆ける北国の領主には数々の受難が待ち受けていた。 調略にて戦国乱世を生き抜いた荒武者の願いとは。 策謀に長けた人物とのイメージとは裏腹に、詩歌に親しむ一面を...

評価: 3.0

読了日:2016/08/04

投稿日:2016/08/05

男たちは、命を賭けて女を守った。 なぜここまで激しく攻撃されるのか? なぜ救援が来ないのか? 自衛官は人を殺せるのか? ソマリアの国境付近で、墜落ヘリの捜索救助にあたっていた陸上自衛隊第一空挺団の精鋭たち。 その野営地に、氏族間抗争で命を狙われている女性が駆け込んだとき、壮絶な撤退戦の...

評価: 4.0

読了日:2016/08/03

投稿日:2016/08/04

対するは、1,000人の帝国陸軍。 たった2人の6日間戦争。 小曽根百合―実業家・水野寛蔵の下、幣原機関で訓練を受け、16歳で実地任務に投入。 東アジアを中心に3年間で57人の要人殺害に関与し、各国大使館から「最も排除すべき日本人」と呼ばれた美しき諜報員。 20歳を迎えた彼女は、突然、活...

  • 1~10件 (全482件)

課長代理さんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:課長代理
本棚登録件数: 482 冊
レビュー件数: 482 件

自己紹介:
読書の合間に仕事をするサラリーマン。
通勤で歩きながら本を読み、おかげさまで順調に売り上げをあげています。

課長代理さんの本棚
マイ本棚をブログに設置
絞り込み
絞り込みを解除: すべての本を表示
ステータス:
読み終わった本  
本の所有:
持っていない   持っている