レビューの並び替え:
  • 1~10件 (全253件)
kikimaさんの読書レビュー一覧

評価: 5.0

読了日:2018/07/30

投稿日:2018/08/01

自閉症スペクトラムの三つ組みの障害のうちの社会性の障害とコミュニケーションの障害と想像力の障害に対する浅見淳子さんの解釈に「なるほど!」と思った。 子供はともかく大人の世界での社会性とは人と仲良くする事ではないんだよなあ。本書にもあるように自分にとって害をなす人から逃げたり嫌いな人をスルーしたりす...

評価: 5.0

読了日:2018/07/25

投稿日:2018/07/29

怪しいおっさんこと栗本啓司さんと発達障害の本を専門に出している花風社社長浅見淳子さんによる対談式で進行する感覚過敏について書かれた本。 色々な専門家が発達障害を持つ人に感覚過敏が多いとは言うものの、感覚過敏の定義をちゃんと知っている人や何故感覚過敏が起きるのかを熟知している人は少ないらしい。 ...

評価: 4.0

読了日:2018/07/18

投稿日:2018/07/29

裸も乳首も普通にありなんだなあこの漫画・・・ でも主人公リトの女の子苦手設定のせいかあまりいやらしさを感じない。

評価: 4.0

読了日:2018/07/17

投稿日:2018/07/29

幼稚園児も見てるかもしれない雑誌でお尻丸出しの女の子なんて描いちゃっていいの? ザスティンの残念イケメンぶりは好きだけど。

評価: 4.0

読了日:2018/07/01

投稿日:2018/07/08

花風社の発達障害シリーズにたびたび登場する藤家寛子さんが社会復帰への一歩を歩みだすまでの話。鬱で骨と皮だけになるわ解離性人格障害になるわだったにも関わらず週5日作業所に通えるようになった!その秘訣とは? 当事者同士でお茶会なんかしてても皆が皆勝手な内容を喋ってお開きになったり喧嘩になったりする...

評価: 5.0

読了日:2018/06/23

投稿日:2018/06/27

発達障害の子は胎児期や乳児期の発達過程でつまずいている子が多いので、まずはどの発達過程でつまずいたのかをアセスメントし、つまずいた年齢や月齢まで遡ってアプローチしましょう・・・という内容の本。 例えば姿勢が極端に悪い子や多動がある子は 首が座る・座る・立つ というところでつまづいているので...

評価: 5.0

読了日:2018/06/19

投稿日:2018/06/27

発達障害支援業界の暴露本??? 現在の発達支援業界が提供している支援では、逆に自閉症スペクトラムの生きる世界と健常者が生きる世界が遠くなるばかりだという著者の危惧から書かれたものらしい。 主な内容は ・自立支援を広げるというのは自立支援を謳う事業所が事業費の名目で行政に金を自分達に支払わせ...

評価: 5.0

読了日:2018/06/16

投稿日:2018/06/16

発達障害には①言葉によって治るもの②言葉以前のアプローチで治るもの があり、②を治すには言語能力を獲得する以前の年齢まで遡り、『発達のヌケ』を埋めなければならない。 そのためには『原始反射』(胎児期から乳児期に生き残りのために使いその後本来ならば自然消滅するはずの反射)を完全に消失させる必要があ...

評価: 5.0

読了日:2018/06/06

投稿日:2018/06/09

発達障害は治るという信条を元に作品を次々と世に送り出している花風社さんの身体アプローチ実践編第1弾。 治るということを確信した理由については社長である浅見淳子さんによると以下の通り。(「発達障害、治るが勝ち!」6月9日読了より) 「発達障害者は発達する」「発達障害はスペクトラムである」ということ...

評価: 5.0

読了日:2018/06/06

投稿日:2018/06/09

「自閉っ子の心身をラクにしよう!」の続編のようなもの。 「自閉っ子の心身をラクにしよう!」では腰と踵が主人公だったけれど、今回の主人公は背骨。 背骨の両脇に神経が通っていることや発達障害がDSM5で神経発達障害と呼ばれることになったらしいことから考えるとなんとなく納得がいく話だった。 実際に職...

  • 1~10件 (全253件)

kikimaさんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:kikima
本棚登録件数: 503 冊
レビュー件数: 253 件
kikimaさんの本棚
マイ本棚をブログに設置
絞り込み
絞り込みを解除: すべての本を表示
ステータス:
読み終わった本   読みたい本  
本の所有:
持っていない   持っている