レビューの並び替え:
  • 1~10件 (全194件)
kotoriさんの読書レビュー一覧

評価: 4.0

読了日:2021/02/19

投稿日:2021/02/21

詩の美しさ、言葉の美しさにロシアへの愛を感じる 人々がすれ違い、歩みゆく様が愛しい 全てを語らなくともわかり会える 強い共通の価値観があり、願うことがある 久しぶりに出る人物には、不明な部分はどうしてもあったけれど ジバゴ(人類)の生の全てを感じた

評価: 3.0

読了日:2021/01/08

投稿日:2021/01/08

受容史は面白い それぞれの国の時代背景もあるが 個人の所感で大いに左右されて、乱暴な所があるのが良い 激動の時代をへたパリは 様々な面を街や森の木々が語る 夢見勝ちではなく、冷静さも合わせ持って あとがきにあるがロシアを辱しめないところが良かった

評価: 3.0

読了日:2020/11/22

投稿日:2020/11/22

定価が何故100円に? 充実した話のほんの触りがわかっただろうか クラシックは聞きかじっていた時期はあったが 詳しくはない 少ないオペラ観劇で奇跡的に フィガロは見たかな?後宮からの誘惑は パリのオペラ座で見た思い出がある この本もミュージカルのモーツァルトの予習として存在は知ったけれ...

評価: 4.0

読了日:2020/11/22

投稿日:2020/11/22

新刊コーナーで見かけて ままならない 困ってどうしようもないけど折り合いをつけてるような 大なり小なり皆にあり 人のままならなさはわからず、伝わらない ままならなさを感じるのは自分しかいないから 目に見える違いがある人たちが 自分のことをままならないと言えるまで 他に強制される。それ...

評価: 3.0

読了日:2020/11/02

投稿日:2020/11/02

長年1人を過ごした先輩たち 日々のご飯から心向きまで柔らかく お茶を飲みながら聞いたよう

評価: 3.0

読了日:2020/10/29

投稿日:2020/10/29

本来は仕立て、それなりのお値段になる着物 需要の減少から、生き残りをかけたいろいろ 最近も全国の織や、染めの会社がマスクを作って、夏場は大流行したとか 欲しい人に欲しいものを提供する 興味ある人に新たな世界を見せる 簡単なようでとても、とても難しい

評価: 2.0

読了日:2020/10/15

投稿日:2020/10/29

覚えきれないものがほとんどやけど ざざっと大枠、流れが確認できた フォーマルに着ていくことは少ないけれど

評価: 4.0

読了日:2020/10/10

投稿日:2020/10/10

着る、纏う、見繕う 着物を着る表現は無数にあり 反物と帯と小物。形は変わらないのから 素材、色から無限の表現が装うことができる 難しいが楽しい 後半に良い言葉があった 「齢」より P216L5 あんたはざっとあたしの半分の齢なんだろうけれど、この着物着られるかしら?大抵の人はまず...

評価: 3.0

読了日:2020/10/06

投稿日:2020/10/06

ものの理を気にするどころか 知らなくなってしま今読むと 父子の会話よりも、理を教えられている用で 頭があがらない 大量消費から断捨離と、無駄を省こうとあくせく働く私たちとは違う 無駄のない働き 幸田文さんでさえ70にして気づきがあったとあるが、 その審美眼に私たちは1つでも気づけている...

評価: 4.0

読了日:2020/09/22

投稿日:2020/09/26

私が読んだのは、かもめ食堂のみのもの 映画の宣伝を見たときから、その流れる空気にひかれていたけれど 見る機会を逃してしまった ときおりファンタジーと、夢を願いかなえる意思と幸運と、やっかみを少々 それを煮込んでもいいし、サッと和えたような料理(作品) メインじゃないかもしれないかれど み...

  • 1~10件 (全194件)

kotoriさんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:kotori
本棚登録件数: 205 冊
レビュー件数: 194 件

自己紹介:
芸術と言語について研鑽を積まねばならぬが、
読みたいものは、別

kotoriさんの本棚
マイ本棚をブログに設置
絞り込み
絞り込みを解除: すべての本を表示
ステータス:
読み終わった本   読みたい本  
本の所有:
持っていない   持っている